【7/19開催】 第13回 健科大CT・MRI研究会の開催案内

群馬県立県民健康科学大学地域連携センターでは、群馬県下の病院施設で研究されている、あるいは研究を始めたいと思われている診療放射線技師をサポートする研究会を開催しています。

研究中の方、また興味のある方は、是非ご参加ください。
どのモダリティでも結構です。
論文作成、研究発表のお手伝いもします。

日時:平成30年7月19日(水) 19:00~21:00

場所:群馬県立県民健康科学大学 第11演習室(多目的ホールの前)

費用:無料

〈お問い合わせ〉
群馬県立県民健康科学大学 小倉明夫、林 則夫
TEL:027-235-1211(内線205、207)

チラシは第13回CT・MRI研究会開催案内(30.7.19)

 

2018年07月10日
平成31年度入学者選抜方法の概要を掲載しました

下記の「平成31年度入学者選抜方法」をクリックし、ご覧ください。

 

平成31年度入学者選抜方法

 

2018年06月28日
オープンキャンパスを開催します(申込受付開始・今年度から電話での受付は行いません)

県民健康科学大学では、高校生、受験生とそのご家族の皆さまを主な対象に平成30年8月10日(金)、8月11日(土・祝)にオープンキャンパスを開催します。昨年度、参加者の皆様からご好評いただいたオープンキャンパス限定ランチの販売や在学生によるキャンパスツアーを実施予定です。

【開催日時】
○平成30年8月10日(金)
午前の部 9:30から12:00まで (受付開始  9:30)
午後の部 13:30から16:00まで (受付開始 13:30)

○平成30年8月11日(土・祝)
午前の部 9:30から12:00まで (受付開始  9:30)
午後の部 14:00から16:30まで (受付開始 14:00)

注 8月10日及び11日の午前の部と午後の部は、概ね同じ内容です。

 駐車場の台数に限りがございます。昨年度は駐車できない方がいらっしゃいました。今年度はバス(前橋駅~本学)の台数を増便しております。なるべく公共交通機関(電車・バス等)をご利用ください。

公共交通機関のご案内(バス時刻表もこちらからご覧いただけます)

*例年、応募者多数のため、申し訳ありませんが、付添者は1名までとします。

【申し込み方法】(会場整理の都合上、事前に参加申込をお願いします)
1 ホームページ ※6/25(月) 13:00~受付開始
申し込みフォームのページへ(大学情報センターHPへの外部リンク)

2 FAX
オープンキャンパスチラシ(こちらをクリックするとチラシが見られます)を印刷し、裏面参加申込書に記載し、群馬県立県民健康科学大学FAX 027-235-2501まで送付してください。

 今年度から電話での申込みは受け付けておりません。

 ホームページから申し込みした方は、登録完了メールを印刷、FAXから申し込みした方は申込書を持参し受付に提出してください。

【定員】
看護学部 各回350名
診療放射線学部 各回250名
※定員になった回より受付を終了します。

○オープンキャンパス以外でも、大学の見学は随時受け付けています。
詳しくはこちら→「大学の見学」について

【プログラム(予定)】
①在学生からのメッセージ
②各学部の教育、カリキュラムの説明
③平成31年度入試の概要説明
④模擬講義・演習・展示・施設見学
⑤国家資格試験合格率と就職状況についての説明
⑥教員、在学生による個別相談会
⑦在学生によるキャンパスツアー など

【その他】
①学食・売店は両日とも営業します。 ※オープンキャンパス限定ランチを販売予定
食堂 営業時間11:30~13:30 (ランチ、めん類)
売店 営業時間 9:30~16:00
②駐車場について ※後ほどご案内します

2018年06月25日
地域連携センター「Newsletter(vol.6/No.1)」を発行しました

 

 

地域連携センターNewsletter vol.6/No.1(H30.6)  

 

過去のNewsletterは、以下URLからご覧ください。

http://www.gchs.ac.jp/cooperation/%ef%bd%8e%ef%bd%85%ef%bd%97%ef%bd%93%ef%bd%8c%ef%bd%85%ef%bd%94%ef%bd%94%ef%bd%85%ef%bd%92

 

2018年06月25日
診療放射線学部教員が学会表彰を受けました

平成30年4月12日(木)~15日(日)の日程で、放射線医療関係者2万人以上が参加しパシフィコ横浜で開催された日本放射線技術学会第74回総会学術大会において、診療放射線学部 小倉敏裕教授が、九州大学杜下淳次教授とともに学術賞を受賞しました。

学術賞は、学術研究に尽力し、その功績が顕著で他の模範となる研究者に与えられるもので、小倉教授は、「CTコロノグラフィの分野における研究業績が顕著である。筆頭原著論文7編」として受賞されました。



 

 

 

 

2018年04月17日
診療放射線学部学生及び大学院生5名がヨーロッパ放射線学会で発表しました

 

2018年2月28日~3月5日にオーストリアのウイーンで開催されたヨーロッパ放射線学会(The European congress of radiology 2018)において、診療放射学部3年 山之内佐久也さん、同4年 丸山朋子さん、診療放射学研究科博士前期課程1年 佐藤有将さん、同2年 堤翔子さん、博士後期課程1年 佐藤充さんの計5名の学生が発表を行いました。

ウイーンは、最高気温が氷点下10度程と例年になく寒い気候でした。学会では人工知能(AI)の放射線領域への応用に関する発表が目立つとともに、新しい機能を備えたCTやMRI、携帯型の超音波診断装置なども目を引きました。

以下に教員も含め本学から発表されたタイトルを示します。

●佐藤 充
Sato M, Ogura T, Yamanouchi S, Hayashi N, Watanabe H, Doi K.

Development of a new image display system for angiography based on detection of electroencephalogram signals from operator´s brain.

●堤 翔子
Tsutsumi S, Terashita T, Sato M, Doi K, Ogura T.

Evaluation of image interpretation process using artificial intelligence: Analysis of eye-tracking for reading of CT Colonography.

●佐藤 有将
Sato Y, Hayashi N, Maruyama T, Motegi S, Ujita K, Watanabe H, Ogura A, Ogura T, Tsushima Y.

Voxel-based morphometry analysis of double inversion recovery-MRI for detecting microscopic lesions: a simulation study.

●丸山 朋子
Maruyama T, Hayashi N, Sato Y, Hyuga S, Wakayama H, Watanabe H, Ogura A, Ogura T.

Accuracy evaluation of medical image classification performed using deep learning.

●山之内 佐久也
Yamanouchi S, Sato M, Tsutsumi S, Takahashi K, Hayashi N, Watanabe H, Ogura T, Doi T.

Utilization of Electroencephalogram Signals and Gaze Points for Manipulation of Angiographic Image Display in Operating Rooms.

●教員:林 則夫
Hayashi N, Sato Y, Maruyama T, Hyuga S, Wakayama Y, Watanabe H, Ogura A, Ogura T.

Investigation of evaluation system for medical images using deep convolutional neural network.

Hayashi N, Sato Y, Maruyama T,Shimoyama Y, Motegi S, Ujita K, Ogura A, Ogura T, Tsushima Y.

Development of a quantitative statistical analysis system for double inversion recovery (DIR) MRI: a preliminary linical study.



 

 

 

 

(T.Ogura)

2018年04月04日
平成30年度「公開授業」のご案内

親しみやすい科目を中心に、学生以外の方も受講できるようにした授業で、毎週、学生と一緒に学んでいただきます。前期は4月から、後期は10月から開講します。
1日単位での参加も可能です。

受講料は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。
お申し込みは、電話又はFAXで受け付けています。FAXの場合は、お名前、電話番号、FAX番号、受講科目名、受講希望日を明記してください(様式は任意)

なお、1講義の定員は10名(先着順)とします。
定員を超えない場合には、申し込み後、こちらからご連絡いたしませんので、講義日に直接本学事務局までお越しいただき、入講許可証を受け取ってから授業にご参加ください。

各科目の講義内容及び開講日は、次のとおりです。

科 目 名 開 講 日 講義室
群馬県民の文化と生活
前期 水曜日 13:00~14:30

※一部他の曜日・時間帯で開
講します。
西棟2階
第21講義室
「環境と健康」概論 前期 木曜日 14:40~16:10 西棟1階
多目的ホール
「人間の発達と健康」概論(通年)  前期 金曜日   9:00~10:30
後期 月曜日 14:40~16:10
※一部他の曜日・時間帯で開
講します。
西棟2階
第21講義室
※別の時間帯で開講するものについては、確定次第、受講者に事務局で資料を提供いたします。

<アクセスマップ・駐車場マップ>
URL:http://www.gchs.ac.jp/about-univ/outline/access

 

2018年04月03日
第2回FD研修会(平成30年3月13日)を開催しました

今回の研修会は、成績評価と大学の質保証をテーマに開催しました。
講師に田中正弘氏(筑波大学 大学研究センター 准教授)を招き、「成績評価ガイドラインとアセスメントポリシーの策定:成績評価方法の明文化と評価結果の妥当性の担保」という演題で、成績評価に関する現状と課題、改善方策について、分かりやすく講演していただきました。
講演では、成績評価に関する課題として、評価基準の不統一などに対応するための組織的な取組の必要性と、具体的な改善方策として、中央教育審議会が答申した成績評価基準の策定と明示や、組織的な事後チェック等について、解説していただきました。改善手法として、成績評価ガイドラインと、学習成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)等について、先進大学やイギリスの事例を挙げて、詳しく解説していただきました。

2018年03月20日
認知症サポーターステップアップ研修教材を掲載しました

「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~」(新オレンジプラン) に基づく教材開発事業の一環として、30-45分講義7回分の認知症サポーターステップアップ研修教材を開発いたしました。詳しくは、以下からご覧ください。

認知症サポーターステップアップ研修教材の開発について

2018年03月15日
【2/24開催しました】がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン「関東がん専門医療人養成拠点事業」 平成29年度第1回医学物理学講演会

平成30年2月24日(土)に、「小児AYA世代の放射線療法,放射線治療技術に関する最近の話題」をテーマに第1回医学物理学講演会を開催いたしました。本学大学院教授のほか、国内で活躍されている医師や医学物理士など4名の講師をお迎えして、小児AYA世代の放射線療法や放射線治療技術に関する専門的な知識の習得や最近の話題について学んでいただく場となりました。県内外から62名の参加をいただき、臨床にすぐ活かせる内容や、基礎的な理論から新しい話題まで学べ参考になったと好評でした。

 

2018年02月26日

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから