群馬県立県民健康科学大学 > プレスリリース > 「診断参考レベル」の設定に診療放射線学部教員が協力しました。
「診断参考レベル」の設定に診療放射線学部教員が協力しました。

病院において、患者さんの診断・治療に使用する放射線の線量に制限はありません。ただし、少なすぎると診断・治療に支障が生じ、多すぎると不要な被ばくが生じます。

適正な医療被ばくの目安として、国際放射線防護委員会(ICRP:International Commission on Radiological Protection)や国際原子力機関(IAEA:International Atomic Energy Agency)等から診断参考レベル(DRL:Diagnostic Reference Level)の設定が推奨されています。EU各国や米国に比べ、日本では対応が遅れていましたが、今回各関連学会が共同し、全国調査から得られたデータを分析した上で設定を行い、平成27年6月に公表しました。

本学診療放射線学部の根岸徹准教授、高橋康幸准教授も協力しております。

公表後1ヶ月余りで、以下の国際機関のサイトでも紹介されました。
・Radiation Protection of Patients (RPOP), IAEA
・International Organization for Medical Physics
・Quality News (July 2015), The International Society of Radiology

参考サイト: http://www.radher.jp/J-RIME/

 

2015年07月17日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから