群馬県立県民健康科学大学 > プレスリリース > 診療放射線学部教員の論文が国際誌に掲載されました。
診療放射線学部教員の論文が国際誌に掲載されました。

診療放射線学部の小倉明夫教授の原著論文が国際学術誌に掲載されました。

小倉教授は、論文において、MRIの拡散強調画像による拡散係数を、機種などに依存せず絶対値として測定できることを証明しました。これにより診断精度の向上につながることが期待されます。

Journal of Computer Assisted Tomography:
September/October 2015 – Volume 39 – Issue 5 – p 760–765

Apparent Diffusion Coefficient Value Is Not Dependent on Magnetic Resonance Systems and Field Strength Under Fixed Imaging Parameters in Brain

Ogura, Akio PhD*; Tamura, Takayuki PhD†; Ozaki, Masanori MS‡; Doi, Tsukasa RT§; Fujimoto, Koji MD, PhD∥; Miyati, Tosiaki PhD, DMSc¶; Ito, Yukiko MS#; Maeda, Fumie RT**; Tarewaki, Hiroyuki RT§; Takahashi, Mitsuyuki RT††

Objective: The aim of the study was to investigate the causes of apparent diffusion coefficient (ADC) measurement errors and to determine the optimal scanning parameters that are independent of the field strength and vendors of the magnetic resonance (MR) system.

Materials and Methods: Brain MR images of 10 healthy volunteers were scanned using 6 MR scanners of different field strengths and vendors in 2 different institutions. Ethical review board approvals were obtained for this study, and all volunteers gave their informed consents. Coefficient of variation (CV) of ADC values were compared for their differences in various MR scanners and in the scanned subjects.

Results: The CV of ADC values for 6 different scanners of 6 brains was 3.32%. The CV for repeated measurements in 1 day (10 scans per day) and in 10 days (scan per day for 10 days) for 1 subject was 1.72% and 2.96%, respectively (n = 5, P < 0.001). The CV of measurements for 10 healthy subjects was 5.22%. The measurement errors of the ADC values for 6 different MR units in 1 subject were higher than the intrascanner variance for the same subject but were lower than the intersubject variance for the same scanner.

Conclusions: The variance in the ADC values for different MR scanners is reasonably small if appropriate scanning parameters (repetition time, >3000 ms; echo time, minimum; and high enough signal-to-noise ratio of high-b diffusion-weighted image) are used.

タイトル: 拡散係数値(ADC)は、一定の撮像条件下ではMRI装置や静磁場強度に依存しない

要旨: MRIの拡散強調画像による拡散係数(ADC)は、現在臨床において、腫瘍の良悪性の鑑別や薬剤効果の判定に有効に使用されている。しかし、このADCは施設や使用装置などで数値が変動することが報告されていた。そのため、例えば腫瘍の良悪性の鑑別の閾値としてADCを使用する場合、その施設での閾値としては使用できるが、絶対値として、どの施設においても使用できないことが問題であった。
われわれは、一定の範囲内の撮像条件を使用すれば、施設、装置、メーカ、および静磁場強度にも依存せず、絶対値としてADCが計測できることを証明した。この提唱により、すべての施設においてADC値が共有可能となり、診断効率の向上が期待できる。

 

2015年10月21日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから