群馬県立県民健康科学大学 > プレスリリース > 国際臨床PET・分子核医学会議で渡邉教授が受賞
国際臨床PET・分子核医学会議で渡邉教授が受賞

乳がん分子標的治療薬の機能的画像診断研究

 平成23年11月9~11日にオーストリア、ウイーンで国際原子力機関(IAEA)が主催した国際臨床PET・分子核医学会議において県立県民健康科学大学渡邉直行教授が群馬県衛生環境研究所吉住正和研究員らとの共同研究である「乳がん分子標的治療薬の機能的画像診断研究」を発表し最優秀研究賞を受賞しました。同会議では79のIAEA加盟国から約390名の核医学専門家が参加し、臨床ポジトロン核医学(PET)、放射性医薬品開発、核医学検査機器や放射線防護についての研究成果や知見が発表されました。290題余りの研究発表の中から渡邉教授らの研究を含め18題が最優秀研究として表彰されました。本研究は分子標的薬(抗体)による乳がん治療効機序を可視化する新しい機能的画像診断研究で、その臨床応用化が期待されています。渡邉教授は元IAEA核医学高等科学専門官であり、現在外務省IAEA/RCA保健分野国内対応委員やIAEA/RCA核医学関連プロジェクト日本コーディネーターを務めています。

2012年01月18日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから