柏倉健一

KASHIKURA Kenichi

所属

  • 大学院診療放射線学研究科 / 診療放射線学部診療放射線学科

職名

  • 教授
  • 診療放射線学部長 / 診療放射線学研究科長

担当科目

大学院博士後期課程
  • 診療放射線学教育学特論
  • 保健医療組織管理学特論(科目責任者)
  • 放射線画像解剖学特講演習(科目責任者)
  • 機能画像学特講演習(科目責任者)
  • 診療放射線学特別研究(科目責任者)
大学院博士前期課程
  • 放射線画像解剖学特論(科目責任者)
  • 機能画像学特論(科目責任者)
  • 核医学検査技術学特論(科目責任者)
  • 診療放射線学特別研究(科目責任者)
学部
  • 診療放射線学概論(科目責任者)
  • 「人間の発達と健康」各論 I
  • 医療物理学(科目責任者)
  • 放射線科学現象学各論 II (放射化学)(科目責任者)
  • 画像解剖・診断学
  • 核医学検査技術学 I(科目責任者)
  • 核医学検査技術学Ⅲ(科目責任者)
  • 放射線管理計測学演習(科目責任者)
  • 核医学検査技術学実習(科目責任者)
  • 診療放射線技術と研究(科目責任者)
  • 診療放射線学研究Ⅰ(科目責任者)
  • 診療放射線学研究Ⅱ(科目責任者)
  • 診療放射線技術学総合演習(科目責任者)

専門分野

  • 機能的MRI
  • 近赤外計測法
  • 脳循環生理学
  • 核医学

研究課題

  • 機能的MRI法を用いた脳賦活測定に関する研究
  • 近赤外計測法を用いた高次脳機能測定に関する研究
  • 脳機能ネットワークに関する研究

●研究室ホームページ(外部リンク): kashikura_lab

主な論文・著書

著書
  • 「心臓核医学コンプリートマニュアル」(メジカルセンス、2004年)
  • 「コ・メディカルのための研究ガイド」(日本放射線技師会出版会、2009年)
  • 「スリム・ベーシック放射化学」(メジカルビュー、2010年)
  • 「医用画像ハンドブック」(オーム社、2012年)
学術論文
  • Wakabayashi Y,  Kashikura K,  Takahashi Y, Yabe H,  Ichikawa A,  Yamamoto S,  Ishii A, Doi K. Evaluation of the Effect of Tumor Position on Standardized Uptake Value Using Time-of-Flight Reconstruction and Point Spread Function, Asia Oceania Journal of Nuclear Medicine & Biology,  Volume 4, Issue 1, Winter 2016, Page 45-50.
  • 柏倉健一、根本彩香、近赤外計測法を用いた精神疲労測定、認知神経科学、Vol15, No1, 47-53, 2013
  • 新井良彦、柏倉健一、BGM聴取時の作業効率に関する脳部位の検討、群馬県立県民健康科学大学紀要 7,45-53,2012
  • Kershaw J, Tomiyasu M, Kashikura K, Hirano Y, Nonaka H, Hirano M, Ikehira H, Kanno I, Obata T. A multi-compartmental SE-BOLD interpretation for stimulus-related signal changes in diffusion-weighted functional MRI. NMR Biomed. 2009 Aug;22(7):770-8.
  • Hirano Y, Obata T, Kashikura K, Nonaka H, Tachibana A, Ikehira H, Onozuka M. Effects of chewing in working memory processing. Neurosci Lett. 2008 May.
  • Toyoda H, Kashikura K, Okada T, Nakashita S, Honda M, Yonekura Y, Kawaguchi H, Maki A, Sadato N. Source of nonlinearity of the BOLD response revealed by simultaneous fMRI and NIRS. Neuroimage. 2008 Feb 1;39(3):997-1013. Epub 2007 Oct11.
  • Kosaka H, Omata N, Omori M, Shimoyama T, Murata T, Kashikura K, Takahashi T, Murayama J, Yonekura Y, Wada Y. Abnormal pontine activation in pathological laughing as shown by functional magnetic resonance imaging. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2006 Dec;77(12):1376-80.
  • Sadato N, Okada T, Honda M, Matsuki KI, Yoshida M, Kashikura KI, Takei W, Sato T, Kochiyama T, Yonekura Y. Cross-modal integration and plastic changes revealed by lip movement, random-dot motion and sign languages in the hearing and deaf. Cereb Cortex. 2004 Nov 24
  • Harada T, Saito DN, Kashikura K, Sato T, Yonekura Y, Honda M, Sadato N. Asymmetrical neural substrates of tactile discrimination in humans: a functional magnetic resonance imaging study. J Neurosci. 2004 Aug 25;24(34):7524-30
  • Kenichi Kashikura, Temporal characteristics of BOLD response to brief visual stimuli of varying duration in human V1, 、群馬県立医療短期大学紀要、平成16年3月、第11巻、P133-142.
  • 柏倉健一、機能的MRIと近赤外計測を用いた脳機能同時計測法の開発とその応用、群馬県立医療短期大学紀要、平成16年3月、第11巻、P189-199.
  • Seki C, Kershaw J, Toussaint PJ, Kashikura K, Matsuura T, Fujita H, Kanno I.15O Radioactivity clearance is faster after intracarotid bolus injection of 15O-labeled oxyhemoglobin than after 15O-water injection. J Cereb Blood Flow Metab. 2003 Jul;23(7):838-44.
  • Nihashi T, Kakigi R, Okada T, Sadato N, Kashikura K, Kajita Y, Yoshida J. Functional magnetic resonance imaging evidence for a representation of the ear in human primary somatosensory cortex: comparison with magnetoencephalography study. Neuroimage 2002 Nov;17(3):1217-26
  • J Kershaw, K Kashikura, X Zhang, S Abe, I Kanno. Bayesian technique for investigating linearity in event-related BOLD fMRI. Magn Reson Med. 2001 Jun;45(6):1081-94.
  • K Kashikura, J Kershaw, S Yamamoto, X Zhang, T Matsuura, I Kanno. Temporal characteristics of event-related BOLD response and visual-evoked potentials from checkerboard stimulation of human V1: a comparison between different control features.. Magn Reson Med. 2001 Feb;45(2):212-6.
  • K Kashikura, J Kershaw, A Kashikura, X Zhang, T Matsuura, I Kanno. Hyperoxia modified activation-induced blood oxygenation level-dependent response of human visual cortex (V1): an event-related functional magnetic resonance imaging study. Neurosci Lett. 2001, 299 (1-2): 53-6.
  • K Kashikura, J Kershaw, A Kashikura, T Matsuura, I Kanno. Hyperoxia-enhanced activation-induced hemodynamic response in human VI: an fMRI study. Neuroreport. 2000 Apr 7;11(5):903-6.

主な経歴

出身
  • 神奈川県横浜市
学歴
  • 昭和58年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 昭和63年3月 千葉大学医学部附属診療放射線技師学校卒業
  • 平成4年2月  第1種放射線取扱主任者免許
  • 平成7年5月  Master of Health Science (The Johns Hopkins University)
  • 平成13年3月 博士(医学)(東北大学)
職歴
  • 昭和63年4月 東京女子医科大学病院放射線科
  • 平成7年11月 科学技術振興事業団 主任研究員
  • 平成8年4月  秋田県立脳血管研究センター放射線医学研究部 研究員(兼任)
  • 平成13年4月 先端医療振興財団 特別主任研究員
  • 平成13年4月 福井医科大学高エネルギー医学研究センター 研究員(兼任)
  • 平成15年4月 群馬県立医療短期大学 教授
  • 平成17年4月 群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部 教授(現在に至る)
  • 平成19年4月 同 評議会 評議員(兼任)(平成21年3月まで)
  • 平成21年4月 同 大学院診療放射線学研究科 教授(兼任)(現在に至る)
  • 平成23年4月 同 評議会 評議員(兼任)(現在に至る)
  • 平成24年4月 同 地域連携センター長(兼任)(平成25年3月まで)
  • 平成25年4月 同 診療放射線学部長 / 診療放射線学研究科長(兼任)(現在に至る)

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから