瀬川篤記

Segawa Atsuki

所属

  • 大学院診療放射線学研究科 / 診療放射線学部放射線学科

職名

  • 教授

担当科目

  • 環境と健康 概論
  • 看護学 概説
  • 人間の発達と健康 概論
  • 人間の発達と健康 各論Ⅱ
  • 人間の発達と健康 各論Ⅲ
  • 診療放射線技師と医療倫理
  • 診療放射線技術学研究Ⅰ
  • 診療放射線技術学研究Ⅱ
  • 保健医療特論 (大学院博士前期課程)
  • 放射線画像解剖学特論 (大学院博士前期課程)
  • 保健医療組織管理学特論 (大学院博士後期課程)
  • 放射線画像解剖学特講演習 (大学院博士後期課程)

専門分野

  • 病理診断学
  • 腫瘍病理学

主な論文・著書

著書・総説・解説(抜粋)

  • 伊藤一人、岡内研三、 瀬川篤記 泌尿器外科28巻特別号 【後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患アトラス】 医学図書出版(東京)、pp.92-110、2015
  • 小山徹也、瀬川篤記: 第15章 前立腺 正常画像と比べてわかる病理アトラス改訂版(下正宗ほか編)、羊土社(東京)、pp.198-205、2015
  • 瀬川篤記、伊藤一人、小山徹也: 第4章 前立腺癌CPC 実践的泌尿器腫瘍病理診断(筧善行ほか編)、中山書店(東京)、pp.129-137、2013
  • 瀬川篤記、小山徹也: 【前立腺癌】前癌病変 臨床検査、医学書院(東京)、53: 1697-1700、2009
  • 小山徹也、瀬川篤記: 第13章 前立腺 正常画像と比べてわかる病理アトラス(下正宗編)、羊土社(東京)、pp.186-195、2008


原著論文・症例報告(抜粋)

  • Yazawa T, Watanabe A, Araki K, Segawa A, HIrai K, Kubo N, Igarashi T, Tsukagoshi M, Ishii N, Hoshino K, Kuwano H, Shirabe K: Complete resection of a huge pancreatic undifferentiated carcinoma with osteoclast-like giant cells. Int Canc Conf J 6(4): 193-196, 2017
  • Kayakabe M, Takahashi K, Okamiya T, Segawa A, Oyama T, Chikamatsu K: Combined small cell carcinoma of the sinonasal tract associated with syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: A case report. Oncol Lett 7(4): 1253-1256, 2014
  • Segawa A, Nagamori S, Kanai Y, Masawa N, Oyama T: L-type amino acid transporter 1 expression is highly correlated with Gleason score in prostate cancer. Mol Clin Onc 1: 274-280, 2013
  • Kaira K, Sunose Y, Ohshima Y, Ishioka NS, Arakawa K, Ogawa T, Sunaga N, Shimizu K, Tominaga H, Oriuchi N, Itoh H, Nagamori S, Kanai Y, Yamaguchi A, Segawa A, Ide M, Mori M, Oyama T, Takeyoshi I: Clinical significance of L-type amino acid transporter 1 expression as a prognostic marker and potential of new targeting therapy in biliary tract cancer. BMC Cancer 13:482-493, 2013
  • Kaira K, Sunose Y, Arakawa K, Ogawa T, Sunaga N, Shimizu K, Tominaga H, Oriuchi N, Itoh H, Nagamori S, Kanai Y, Segawa A, Furuya M, Mori M, Oyama T, Takeyoshi I: Prognostic significance of L-type amino-acid transporter 1 expression in surgically resected pancreatic cancer. Br J Cancer 107: 632-638, 2012
  • Handa T, Maki K, Segawa A, Masawa N, Mitani K: In situ follicular lymphoma associated with progressive transformation of germinal centers. Int J Surg Pathol 19: 521-523, 2011
  • Kambara T, Oyama T, Segawa A, Fukabori Y, Yoshida K: Prognostic significance of global grading system of Gleason score in patients with prostate cancer with bone metastasis. BJU Int 105: 1519-1525, 2010
  • Kojima M, Nakamura N, Shimizu K, Segawa A, Kaba S, Masawa N: MALT type lymphoma demonstrating prominent plasma cell differentiation resembling fibrous variant of Hashimoto’s thyroiditis: a three case report. Pathol Oncol Res 15: 285-289, 2009


講演・学会発表(抜粋)

  • 今泉智博、鈴木晶子、瀬川篤記、小山徹也、吉田カツ江、城下 尚: BD サイトリッチレッド保存液を用いた液状処理細胞診の非婦人科材料の運用と症例、第56回日本臨床細胞学会秋期大会、2017年11月、福岡市
  • 瀬川篤記: 【講演】前立腺がんと乳がんの早期発見と最適な治療の選択、群馬県立県民健康科学大学 平成29年度第1回公開講座、2017年8月、前橋市
  • 瀬川篤記: 【講演】 MR・CTによる画像診断と病理診断の協働・互いの限界、第227回群馬MR研究会、2017年6月、前橋市
  • 中島希、伊古田勇人、下田雄輝、瀬川篤記、中尾光資朗、横尾英明: 46XY女性の性腺芽腫から発生した両側卵巣悪性胚細胞腫瘍の1例、第106回日本病理学会総会、2017年4月、東京
  • 今泉智博、鈴木晶子、岡田君男、瀬川篤記、小山徹也、吉田カツ江、城下尚: 胸水中に腫瘍細胞が出現したStewart-Trevel症候群の1例、第57回日本臨床細胞学会春期大会、2016年5月、横浜市
  • 関麻衣、佐野孝昭、清水進一、越浩美、瀬川篤記、横尾聡、小山徹也: 口腔扁平上皮癌におけるリンパ節転移予測因子としての簇出の病理組織学的検討、第105回日本病理学会総会、2016年5月、仙台市
  • 片山彩香、新井基展、井出宗則、瀬川篤記、佐野孝昭、長岡りん、堀口淳、小山徹也: 乳房温存術後14年目にホルモン受容体が陰性化しPaget型再発を来した1例、第104回日本病理学会総会、2015年5月、名古屋市
  • 越浩美、瀬川篤記、清水進一、井出宗則、佐野孝昭、小山徹也: 副腎原発Ewing肉腫/PNETの1剖検例、第60回日本病理学会秋期特別総会、2014年11月、浦添市
  • 瀬川篤記: 【教育講演】前立腺癌治療前の生検病理診断とその限界、第33回日本画像医学会、2014年2月、東京
  • 信澤愛子、瀬川篤記、小山徹也、横尾聡: 上顎歯肉転移巣を契機に発見された肺腺癌の1例、第32回日本口腔腫瘍学会総会、2014年1月、札幌市
  • 瀬川篤記: 【教育講演】病理診断~画像診断より得意なこと、苦手なこと~、第56回群馬県核医学研究会、2013年11月、前橋市
  • 井出宗則、瀬川篤記、佐野孝昭、小山徹也: 血性胸腹水を呈した57歳女性の diffuse pulmonary lymphangiomatosis(DPL) の一剖検例、第102回日本病理学会総会、2013年6月、札幌市
  • 越浩美、瀬川篤記、井出宗則、佐野孝昭、平戸純子、小山徹也: 卵巣microcystic stromal tumorの1例、第101回日本病理学会総会、2012年4月、東京
  • 井出宗則、瀬川篤記、佐野孝昭、小山徹也: 胃癌におけるkeratin17の発現の検討、第101回日本病理学会総会、2012年4月、東京
  • 瀬川篤記、坂田武、神原常仁、松田葉月、深堀能立、小島勝、正和信英、金井好克、小山徹也: 前立腺癌におけるアミノ酸トランスポーターLAT1の発現の検討、第99回日本病理学会総会、2010年4月、東京
  • 瀬川篤記、小島勝、松田葉月、小山徹也、正和信英: 一部に濾胞性リンパ腫の合併を認めた胚中心進展性異形成の一例、第97回日本病理学会総会、2008年5月、金沢市

主な経歴

出身地

  • 大阪府八尾市


学歴

  • 1983年4月  京都大学法学部 入学
  • 1987年3月  京都大学法学部 卒業
  • 1994年4月  愛媛大学医学部医学科 入学
  • 2000年3月  愛媛大学医学部医学科 卒業
  • 2013年2月  博士(医学)取得 (獨協医科大学)


職歴

  • 1987年4月 – 1994年3月  全日本空輸株式会社 運航部
  • 2000年6月 – 2001年2月  松山市民病院 泌尿器科 医師
  • 2001年4月 – 2007年3月  群馬大学医学部(2003年より大学院医学系研究科) 助手
  • 2007年4月 – 2010年3月  獨協医科大学医学部 助教
  • 2010年4月 – 2016年9月  群馬大学大学院医学系研究科 助教
  • 2013年4月 – 2016年9月  群馬大学医学部 講師(兼任)
  • 2016年10月 –        群馬県立県民健康科学大学 診療放射線学部 教授


免許・資格

  • 1991年  航空機運航管理者 (国家資格)
  • 2000年  医師 (国家資格)
  • 2005年  死体解剖資格 (国家資格)
  • 2005年  日本医師会 認定産業医
  • 2006年  日本病理学会 病理専門医
  • 2009年  日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 2012年  日本病理学会 病理専門医研修指導医


所属学会

  • 日本病理学会
  • 日本臨床細胞学会


評価・賞罰

  • 2013年/2016年  群馬大学における教員評価  総合A (2期連続)
  • 2013年  群馬大学昭和事業場平成25年度全国労働衛生週間作品展 最優秀賞

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから