群馬県立県民健康科学大学 > トピックス > 群馬県立県民健康科学大学大学院博士課程設置について
群馬県立県民健康科学大学大学院博士課程設置について

 群馬県立県民健康科学大学(学長 高田邦昭)は、高い教養と豊かな人間性を持つ保健医療専門職(看護師・保健師・診療放射線技師)を養成するため、平成17年4月に開学し、10年が経過しました。
 このたび、より高度な専門的知識、技術、指導力を身に付けた人材を養成するため、文部科学大臣に博士課程の設置認可の申請をしておりましたが、平成27年8月31日に認可を受けました。
 今後、博士課程の学生募集、入学試験を行い、平成28年4月1日に開設します。

1 設置の趣旨

 近年、医療技術の高度化・専門化や急速な高齢化などによる県民の保健医療ニーズの多様化が進んでいます。このため、県民健康科学大学では、博士課程を設置し、次の人材を養成することにより、本県の保健医療福祉水準の向上に寄与したいと考えています。

1.県内病院においてチーム医療の指導者としての役割を担える看護管理者及び診療放射線技師(「群馬がん治療技術地域活性化総合特区」における「学際的放射線技師」)、臨床研究者
2.高度な専門的知識・技術と教育指導力を兼ね備えた大学教員

2 博士課程の概要

名称 入学定員  修業年限  学位 
看護学研究科看護学専攻
(博士後期課程)
 2人 3年   博士
(看護学)
診療放射線学研究科診療放射線学専攻
(博士後期課程)
 2人 3年  博士
(放射線学)
 ※博士課程の名称は「博士後期課程」とし、現在の修士課程は「博士前期課程」と改称します。
 ◎特色:夜間開講、集中講義、長期履修制度により現職の保健医療従事者が職を辞さずに教育を受けられる環境を提供します。

3 今後の予定

平成27年11月頃 学生募集
平成28年1月頃 出願受付
平成28年2月頃 入学試験
平成28年4月 開設

(参考)大学の主な沿革

・昭和27年6月:県立看護学院を設立
・昭和33年4月:県立診療エックス線技師養成所を設立
・昭和45年4月:県立福祉大学校を設立
・平成 5年4月:県立医療短期大学が開学
・平成17年4月:県立県民健康科学大学が開学
・平成21年4月:県立県民健康科学大学大学院(修士課程)が開設
・平成28年4月:県立県民健康科学大学大学院(博士課程)が開設(予定)

2015年08月31日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから