群馬県立県民健康科学大学 > トピックス > 平成25年度群馬県立県民健康科学大学大学院・シンポジウム「看護の大学院修了生の今!!」を開催しました
平成25年度群馬県立県民健康科学大学大学院・シンポジウム「看護の大学院修了生の今!!」を開催しました

 11月9日(土)に県民健康科学大学大学院・看護学研究科FD委員会の主催により、第1回目のシンポジウムを開催しました。

 本学の大学院修士課程の修了生で、現在、医療や教育の現場でご活躍されている4名の方をシンポジストにお招きして、大学院在学中の学習と研究活動及び修了後の現状について発表していただきました。

 

 シンポジストの発表でほぼ共通していることは、①在学中に自己教育力を向上させること、②研究者としての能力を培うこと(論文作成能力も含む)、③自主的に行動することの大切さ、④自己のありように対する気づきを得る機会になっていたことが報告されました。また、修士課程修了後は、それぞれの職場において院内教育・院内研修の企画実施やスタッフの研究指導等に対する役割を担っており、各職場ではそのような役割を担当できる人材を求められていることがわかりました。さらに、シンポジストの中には職位の昇格を得たこと、院外活動として研究論文の査読や学会での活動依頼などを受けるようになった方もおられました。

  IMG_2816  IMG_2819  IMG_2805  IMG_2808

 発表後の討議では、「研究成果を院内教育へフィードバックしてほしい」「研究成果を行政に活かしてほしい」「修了後は病院の院内教育のリーダーとしての役割を期待する」等、様々な意見交換が活発に行われました。大学院修了生への職場からの期待が大きいことから、シンポジストに対するエールが送られ、盛況な中で終了することができました。

  IMG_2815

 シンポジウム終了後には、「大学院に関する情報交換会」が開催されました。参加者は様々な病院の看護管理責任者、群馬県病院局幹部、修士課程修了生、本学教員等でした。情報交換会は大学院の修了生にどのような役割を期待しているか、あるいは期待できるのか、更に、病院スタッフが進学を希望した場合、現場ではどのような問題が生じ、それに対してどのような解決策があるのかなどの意見交換がなされました。

 スタッフを大学院に送り出した病院側のご協力と修了生に対する熱い期待が伝わってくる時間を、参加者全員で共有することができました。

2014年01月07日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから