群馬県立県民健康科学大学 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症の影響による家計急変に伴う授業料減免の申請について
新型コロナウイルス感染症の影響による家計急変に伴う授業料減免の申請について

(※)この事業は、県議会の議決を前提としています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、家計が急変した世帯の学生に対して、令和2年度後期分の授業料の【半額減免】を実施します。

1.対象者の要件
高等教育修学支援制度による授業料減免を受けていない学部生及び大学院生(聴講生、特別聴講学生、研究生、科目等履修生及び大学院学則第12条に規定する者を除く。)で、次の条件のいずれかに該当する学生(※別途家計基準あり)に対し、令和2年度後期授業料の半額を免除します。

(1)高等教育修学支援制度による授業料減免を受けておらず、国又は地方公共団体が、新型コロナウイルス感染症拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書(写し)を提出できる者。
<参考:公的支援の例示>日本学生支援機構HP
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html

(2)高等教育修学支援制度による授業料減免を受けておらず、生計維持者(父母等)の一方又は両方の所得が昨年度の所得(令和元年分)と比較し、2分の1以下になっている者。
(令和2年4月~9月で、最も減少した連続する3ヶ月分を4倍して算出したものとの比較)

(※)日本学生支援機構の給付奨学金(秋の在学採用)に申し込む方については、両方申し込むことは可能ですが、給付奨学金が採用となった場合には、本制度の対象になりません。
(1)、(2)に該当する場合でも、別に定める家計基準により、減免の対象とならないことがあります。

2.減免額
令和2年度後期授業料の半額(133,950円)を免除。

3.申請期限
令和2年10月2日(金)
※書類に不備がある場合は、申請受理となりません。早目の相談・申請をお願いします。

4.申請方法
事務局学生図書係に持参するか、郵送(レターパックに朱書きで「新型コロナ減免に係る書類在中」と記載。)により申請してください。

5.提出書類
「新型コロナウイルス感染症の影響による家計急変に伴う授業料減免申請書」(別記様式第1号)と併せて必要書類を提出してください。
(様式ファイルは「学務システム」-「Webフォルダ」-「授業料減免」-「新型コロナウイルス」内に掲載)
※必要書類は「申請書」にチェックリストを掲載しておりますので、ご確認ください。
※申請後は大学からのメール・電話にご注意ください。また、問い合わせに迅速に対応できるよう、提出書類は全てコピーをとり保管してください。

6.問い合わせ先(土日・祝日を除く8:30~17:15)
事務局学生図書係 授業料減免担当
電話:027-235-1211
メール:syougakukin@gchs.ac.jp
※件名は「【申請書提出】新型コロナ減免 学籍番号 名前」で送信してください。

 

2020年09月11日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。
詳しくはこちらから