青木武生

所属

  • 大学院診療放射線学研究科 / 診療放射線学部放射線学科

職名

  • 教授

担当科目

大学院博士後期課程

  • 放射線画像解剖学特講演習

学部 担当科目

  •  教養科目     生活と科学Ⅳ〈生物学)(科目責任者)
  •  看護学科   「環境と健康」各論Ⅰ(科目責任者)講義と実習+解剖体見学実習
  •  放射線学科 「環境と健康」各論Ⅰ(科目責任者)講義と実習+解剖体見学実習
  •  画像診断学  分担(3回)
  •  放射線学科 「人間の発達と健康」各論 I (科目責任者)
  •  放射線学科  放射線科学現象学概論 (科目責任者)
  •  放射線学科、看護学科共通科目 「環境と健康」各論Ⅳ(病原体と免疫)(科目責任者)講義と実習

専門分野

  • 解剖学、生理学、細胞生物学、分子解剖学、感染予防学

研究課題

  •  腫瘍における種々の膜蛋白質の放射線によって惹起される様々な反応と放射線耐性
  •  紫外線、放射線を利用した感染予防対策と応用
  •  放射線と抗癌剤の動物臓器、組織、癌細胞に対する総情効果とその保護剤の開発
  •  市販されている除菌・殺菌商品の細菌への効果、ベッドサイド機器におけるの細菌の可視化
  •  顕微鏡画像、タイムラムス取り込み画像を利用した画像分析

主な論文・著書

著書

  • 青木武生、松崎利行、鈴木健史、萩原治夫、多鹿友喜、高田邦昭、基礎から多重染色まで-蛍光抗体法-、組織細胞化学2002 日本組織細胞化学会編集、学際企画、東京、pp33-41、2002.
  • 青木武生、高田邦昭、初めてでもできる共焦点顕微鏡活用プロトコール-蛍光抗体染色の実際- 羊土社、東京、pp52-79、2004.
  • 青木武生、高田邦昭、染色、バイオイメージ実験ハンドブック-蛍光抗体法、蛍光抗体法の実際- 羊土社、東京、pp129-134、2006.

原著論文(筆頭および重要論文、査読有り)

  • Aoki T, Taira K, Shibasaki S, Fujimoto T. The cytological and immunohistochemical study of septal cells in the rat lung. Acta Histochem. Cytochem., 28: 349-355, 1995.
  • Aoki T, Hagiwara H, Fujimoto T. Peculiar distribution of fodrin in fat-storing cells. Exp. Cell Res., 234: 313-20, 1997.
  • Aoki T, Nomura R, Fujimoto T. Tyrosine phosphorylation of caveolin-1 in the endothelium. Exp. Cell Res., 253: 629-36, 1999.
  • Aoki T, Hagiwara H, Wang S-M, Fujimoto T. A 190-kDa antigen is present around lipid droplets of rat pulmonary lipofibroblasts. Acta Histochem. Cytochem., 33: 243-252, 2000.
  • Yi Z, Yokota H, Torii S, Aoki T, Hosaka M, Zhao S, Takata K, Takeuchi T, Izumi T. The Rab27a/granuphilin complex regulates the exocytosis of insulin-containing dense-core granules. Mol. Cell Biol., 22: 1858-67, 2002.
  • Aoki T, Kogure S, Kogo H, Hayashi M, Ohno-Iwashita, Fujimoto T. Sequestration of cross-linked membrane molecular to caveolae in two different pathways. Acta Histochem. Cytochem., 36: 165-171, 2002.
  • Tajika Y, Matsuzaki T, Suzuki T, Aoki T, HagiwaraH, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K.  Aquaporin-2 is retrieved to the apical storagecompartment via early endosomes and phosphatidylinositol 3-kinase-dependent pathway. Endocrinology, 145: 4375-83, 2004.
  • Tajika Y, Matsuzaki T, Suzuki T, Ablimit A, Aoki T, Hagiwara H, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K. Differential regulation of AQP2 trafficking in endosomes by microtubules and actin filaments. Histochem. Cell Biol., 124: 1-12, 2005.
  • Aoki T, Hagiwara H, Matsuzaki T, Suzuki T, Takata K. Internalization of caveolae and their relationship with endosomes in cultured human and mouse endothelial cells. Anat. Sci. Int., 82(2): 82-97, 2007.
  • Tanaka Y, Imai H, Konno K, Miyagishima T, Kubota C, Puentes S, Aoki T, Hata H, Takata K, Yoshimoto Y, Saito N. Experimental model of lacunar Infarction in the gyrencephalic brain of the miniature pig: Neurological assessment and histological, immunohistochemical, and physiological evaluation of dynamic corticospinal tract deformation. Stroke 39(1), 205-213, 2008.
  • Aoki T, Suzuki T, Hagiwara H, Kuwahara M, Sasaki S, Takata K, Matsuzaki T. Close association of aquaporin-2 internalization with caveolin-1. Acta Histochem Cytochem Apr 26, 45(2):139-46, 2012.
  • Takahashi S, Hiromura K, Tsukida M, Ohishi Y, Hamatani H, Sakurai N, Sakairi T, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Kuroiwa T, Yokoo H, Aoki T, Nagata M, Nojima Y. A Novel Case of Nephrotic Syndrome Caused by Immune-Mediated Acquired LCAT Deficiency. Journal of the American Society of Nephrology. Jul;24(8):1305-12. 2013 .
  • Takahashi S, Tomioka M, Sakairi T, Hamatani H, Watanabe M, Ikeuchi H, Kaneko Y, Maeshima A, Aoki T, Ohnishi H, Matozaki T, Nojima Y. SIRPα signaling regulates podocyte structure and function. American Journal of Physiology – Renal Physiology 2013 Sep;305(6):F861-70.
  • 元川 嵩介, 松浦 勉, 青木 武生、腎糸球体足細胞画像からの細胞体の抽出とシグナル調節タンパク質αと糖尿病による細胞変性識別の試み、Medical Imaging Technology, 33(5): pp208-216, 2015.
  •  Shimizu K, Sano M, Kita A、Sawai N, Iizuka-Kogo A, Kogo H, Aoki T, Takata K, Matsuzaki T:Phosphorylation and dephosphorylation of aquaporin-2 at serine 269 and its subcellular distribution during vasopressin-induced exocytosis and subsequent endocytosis in the rat kidney, Arch Histol Cytol, 77(1), 25-38, 2017.

報告(査読有り)

  • 皮膚,鼻粘膜に常在する細菌を利用した市販除菌商品の効果に関連する基礎研究--市販されている商品が表記どおり除菌,殺菌効果があるのかの確認実験--、群馬県立県民健康科学大学紀要 第16巻:109~122,2021.

学会発表(最近ののみ)

  • 青木武生、大野由美子、原 孝光:腫瘍細胞における放射線照射と紫外線、ゲフィチニブおよびβ-elemeneの濃度依存性の相乗効果について 日本放射線影響学会第63回大会、WEB開催、2020年、10月、福島市.
  • 青木武生、原 孝光、EGFR発現腫瘍細胞に対するEGFR抗体と、放射線照射の相乗効果に関する細胞生物学的研究、日本放射線腫瘍学会 第32回学術大会、2019年、11月、名古屋
  • 青木武生、大野由美子、原 孝光、EGF受容体エンドサイトーシス経路に対する2種類の抗癌剤および放射線の効果、日本解剖学会関東支部学術集会、2019年11月、東京.
  • 青木武生,原 孝光,瀬川篤記,大野由美子,髙橋昭久:腫瘍細胞におけるEGF受容体の核内取り込みに関する放射線と抗癌剤およびAkt阻害剤の効果、日本放射線技術学会 関東・東京合同研究発表大会2018、2018年12月15日~16日 さいたま市.
  • 青木武生,原 孝光,大野由美子:EGF 受容体の核内取り込みに関する抗がん剤と放射線およびAkt 阻害剤の効果、日本解剖学会第106 回関東支部学術集会、2018年10月、東京都.
  • 青木武生,原 孝光,瀬川篤記,大野由美子:A549 細胞およびHeLa細胞における、抗癌剤と放射線の併用効果の検証、日本放射線腫瘍学会第31回学術大会、2018年10月11日~13日、京都市.
  • 青木武生,瀬川篤記,原 孝光,大野由美子,高橋昭久,対馬義人:放射線照射によって内在化する腫瘍細胞EGF受容体内在化機構に関わる蛋白質に関する研究、解剖学会総会第123回学術大会、2018年3月、東京都.
  • 青木 武生、小森 涼、金城 裕斗、原 孝光、瀬川 篤記、大野 由美子;放射線照射による異型核出現とそれに伴うgamma-H2AX 陽性DSBとの関連性の検討、第55回群馬放射線腫瘍研究会 2018年2月、前橋市.

主な経歴

学歴

  • 昭和51年4月金沢大学理学部 入学
  • 昭和55年3月金沢大学理学部生物学科 卒業
  • 昭和57年3月金沢大学大学院理学研究科発生生物学専攻 修士課程修了
  • 昭和57年3月理学修士の取得 (金沢大学)
  • 平成10年9月医学博士の学位取得 (群馬大学) 乙1180号 学位論文「肝脂肪摂取細胞における膜骨格蛋白質フォドリンの特異な分布について」

職歴

  • 昭和57年7月~平成14年5月 群馬大学医学部 解剖学第一講座 助手
  • 平成14年6月~平成15年3月 群馬大学医学部 解剖学第一講座 講師
  • 平成15年4月~平成16年3月 群馬大学大学院医学系研究科 生体構造解析学分野 講師
  • 平成16年4月~平成20年3月 国立大学法人群馬大学大学院医学系研究科 生体構造解析学分野 講師
  • 平成20年4月~平成26年3月 群馬大学大学院医学系研究科 生体構造学分野 講師
  • 平成26年4月~現在に至る 群馬県立県民健康科学大学着任

所属学会

  • 日本解剖学会会員
  • 日本電子顕微鏡学会会員
  • 日本組織細胞化学会会員(平成20年から評議員)
  • 日本放射性影響学会
  • 日本放射線腫瘍学会

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから