○「看護技術学教育研究分野-基礎看護技術学」のページ

【分野(領域)紹介】
看護技術学は、あらゆる発達段階、健康レベル、生活の場にあるクライエントに提供する看護技術の客観的法則性とその適用を対象とする学問です。また、教育活動を通して、質の高い看護に必要な基礎的技術とその応用力の獲得を追求します。
基礎看護技術学領域は、看護技術の基盤となる原理の解明から臨床適用までを研究・教育する教員から構成されています。私たちは、その知識と技術を活用した講義・演習・実習を展開し、学生とともに看護技術のよりよい習得を目ざしています。

【研究紹介】
①山下暢子他:図書にみる看護技術の構造化の現状, 群馬県立県民健康科学大学紀要,3,41-51,2008
②山下暢子他:学生のための看護学実習中の学習経験自己評価尺度の開発―信頼性・妥当性の検証―,日本看護学教育学会誌,15-27,2014
③髙橋さつき:わが国の臨床看護技術に関するランダム化比較試験のシステマティックレビュー,群馬県立県民健康科学大学紀要,5,57-72, 2010
④服部美香他:問題解決場面におけるクライエント行動に関する研究―問題解決に向けた効果的な支援の実現を目ざして―,看護教育学研究,24(1), 2015(投稿中)
⑤服部美香他:問題解決場面における看護師-クライエント間相互行為パターンの解明,看護教育学研究,21(1),9-24,2012
⑥髙橋さつき他:看護師が外来で行う慢性腎臓病1~4期の患者教育実施率と実施に影響を及ぼす「構造」の分析,日本透析医学会誌, 42(5),363-368,2009
⑦土井一浩他:静脈注射支援の手法開発近赤外を利用する穿刺部位の選択表示に関する研究(1),看護総合科学研究会誌,12(1),82, 2009

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから