林はるみ

Hayashi Harumi

所属

看護学部看護学科

職名

講師

担当科目

    • 人間の発達と健康各論Ⅰ(母胎期)
    • 生涯発達看護学各論Ⅰ(母胎期)
    • 生涯発達看護学各論Ⅱ(乳幼児期・学童期)
    • 看護学研究概論
    • 看護学研究Ⅰ(問題解決過程)
    • 看護学研究Ⅱ(EBP)
    • 保健医療チーム連携論Ⅰ
    • 保健医療チーム連携論Ⅱ(実習)
    • 生涯発達看護学各論Ⅵ(実習)
    • 看護専門職の役割と機能Ⅰ
    • 看護専門職の役割と機能Ⅱ-1(総合実習)
    • 人間の発達と健康各論Ⅰ(母胎期)(導入実習)

 

専門分野

  • 母性看護学
  • ウイメンズヘルス
  • リプロダクティブ・ヘルス/ライツ
  • ダイバーシティー・男女共同参画社会の推進

研究課題

<研究テーマ>

  • 生殖補助医療(ART)後の妊娠期における夫婦に関する研究
  • 第三者から卵子の提供を受けて家族形成した日本人夫婦に関する研究
  • 中高生のデートDVに関する研究
  • リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する研究

<競争的資金獲得状況>

  • 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)平成24~27年 研究代表者
    課題名「高度生殖医療後の妊娠-胎児の成長をめぐる夫婦関係を基盤とした妊娠期ケアの開発-」
  • 新潟大学大学院保健学研究科GP推進事業 平成25年 研究代表者
    課題名「生殖補助医療で子どもが誕生した夫婦の経験」
  • 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)平成30~32年 研究代表者
    課題名「日本型のテリングの基盤となる卵子提供で家族形成した夫婦の実情」
  • 文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)平成31~33年 研究分担者
    課題名「高齢不妊カップルのための初診から治療終結に至る意思決定支援ガイドの作成」
  • 文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 平成26年~32年
    課題名「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)新潟大学」

           

 

 

主な論文・著書

●学術論文

  1. Hayashi H, Miyasaka M, Experiences of a Japanese Couple Following Fertilization with a Donated Egg: The Husband’s Narrative , Eubios Journal of Asian and International Bioethics, 2020 (in press).
  2. Tomoko Miyajima, Jun Kikunaga, Megumi Taguchi, Mio Tanaka, Mayumi Nishikata, Harumi Hayashi, and Michio Miyasaka, Anguish experienced by recipients who had undergone cadaveric kidney transplantation in Japan:Life histories of four recipients, Eubios Journal of Asian and International Bioethics, 27(1), November 2017.
  3. 笠原英里子,青木萩子,石田真由美,田口めぐみ,中村勝,林はるみ,坂上百重,サトウ 恵,堀田かおり,山崎芳裕,坂井さゆり,村松芳幸:2型糖尿 病女性患者の更年期症状と自己管理における負担感情の関連について,新潟保健学雑誌, 15 (1), 2018.
  4. 林はるみ,卵子提供で妊娠した日本人夫婦の経験,  日本生殖看護学会誌, 13(1), 2016.
  5.  Harumi Hayashi, Michio Miyasaka, Experience During the Gestational Period of a Couple Selecting Fertilization Treatment Receiving Egg Donation, Eubios Journal of Asian and International Bioethics, 25 (5) , 182, November 2015. (proceedings)
  6.  林はるみ,生殖補助医療で妊娠した妻をもつ夫の経験,日本生殖看護学会誌, 11(1), 37- 44, 2014.
  7. Detection of subsequent cervical lymph node metastasis in a patient with gingival carcinoma using computed tomography perfusion with a single- compartment kinetic model, Hayashi T, Tanaka R, Yamazaki M, Cheng J, Oda Y,  Hayashi H,  Takeishi E,  Honma K, Nishiyama H, Oral Radiology,30(2),186-191,2014.
  8.  林はるみ,「新大シッターの保育支援制度」の概要と運用に関する報告,新潟大学保健学雑誌,  12(1), 91-99, 2015.
  9.  林はるみ,新潟大学における男女共同参画の取組み,新潟医学会雑誌, 127(12), 649-653, 2014.
  10.  Harumi Hayashi, Experience of Men Whose Wives Gave Birth to A Baby by Assisted reproductive Technology, Global Congress for Qualitative Health Research, 3(1), 153-155, 2013.
  11.  林はるみ,佐山光子,生殖補助医療によって妊娠した女性が出産するまでの感情のプロセス,日本助産学会誌, 23(1), 83-92, 2007.
  12.  平野美樹子,金子史子,,佐久間久美子,,川上久美子,渡辺富美子, 川崎郷子,戸田晴子,吉田光子,永井佳子,川上みゆき,林はるみ, 母性看護学実習における学生の自己効力感を高める要因に関する研究(第2報)-学生による授業過程評価との関連-,第36回日本看護学会論文集, 看護教育, 134-136, 2005.
  13.   川崎郷子,川上久美子,平野美樹子,佐久間久美子,渡辺富美子,金子史子,戸田晴子,木津佳子,吉田光子,永井佳子,川上みゆき,林はるみ,母性看護学実習における学生の自己効力感を高める要因に関する研究(第1報)-実習における学生の経験との関連-,第36回日本看護学会論文集, 看護教育, 131-133,  2005.

●学会発表

  1. 林はるみ,日比野由利,第三者の提供卵子で妻が妊娠中の夫の経験,第37回日本受精着床学会学術講演会,2019.8月,東京都
  2. 林はるみ,有森直子,妻がARTによって妊娠中の男性の経験-妻との関係に焦点を当てて‐,第59回日本母性衛生学会,2018 10月,新潟市
  3. 林はるみ,生殖補助医療で子どもが誕生した男性の経験―胎児期に着目して―,第37回日本看護学会,2017 2月,仙台市
  4. 林はるみ,渡航して卵子提供を受けるカップルに関する国内の文献連ビュー,第14回新潟母性衛生学会,2015 11月,新潟市
  5.  林はるみ,卵子提供を選択した夫婦の決断から妊娠期における経験,第50回日本生殖医学会学術講演会, 2014  11月,東京
  6.  Experiences of a Japanese Couple Following Fertilization with a Donated Egg, The 15th Asian Bioethics Conference,2014  11月,熊本市
  7. Harumi Hayashi, Experience of Men Whose Wives Gave Birth to A Baby by Assisted reproductive Technology, The 3rd Global Congress for QualitativeResearch, 2013  12月,  Thailand
  8.  林はるみ,定方美恵子,佐山光子,ARTで妊娠した妻をもつ夫の経験,第15回日本母性看護学会学術集会, 2013  7月,仙台市
  9.  林はるみ,定方美恵子,佐山光子,生殖補助医療で妊娠した妊婦の夫の経験プロセス,第27回日本助産学会学術集会, 2013  7月,金沢市
  10.  林はるみ,体外受精によって子どもを得た夫の体験,第39回新潟県母性衛生学会学術集会, 2012  11月
  11. 土井 康平,中野 享香,林はるみ,佐藤 孝,五十嵐 由利子,新潟大学の大学院生による出前授業『サイエンス・セミナー』の取組,第73回応用物理学会学術講演会, 2012 9月,松山市
  12.  林はるみ,生殖補助医療で妊娠した妻を持つ夫婦の経験,第38回新潟県母性衛生学会学術集会,2011  11月
  13. 林はるみ,高度生殖医療による妊娠−妊婦のコミュニケーションからみた看護支援の考察ー,第37回新潟母性衛生学会学術集会, 2010 11月
  14. 林はるみ,佐山光子,生殖補助医療によって妊娠した女性が出産するまでの感情のプロセス, 第23回日本助産学会学術集会, 2009 3月,東京
  15. 佐山光子,定方美恵子,鈴木恵子,林はるみ,不妊治療を選択し子どもを得た女性の人生の共時的・通時的構造, 第23回日本助産学会学術集会,2009 3月  ほか

 

主な経歴

●学歴 

    新潟大学大学院保健学研究科 博士前期課程・後期課程修了 修士・博士(保健学)

●職歴

  • 長野県内、新潟県内の病院 看護師・助産師・看護師長
  • 新潟県内看護専門学校 専任教員・教務主任
  • 新潟大学経営戦略本部男女共同参画推進室 准教授

●所属学会・研究会

  • 日本助産学会
  • 日本看護科学学会
  • 日本生殖看護学会
  • 日本母性看護学会
  • 日本母性衛生学会
  • 新潟県母性衛生学会
  • 日本不妊カウンセリング学会
  • 日本保健医療社会学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本生殖医学会
  • 新潟県助産師会
  • 新潟看護ケア研究学会
  • 新潟生命倫理研究会

●社会貢献

  • 新潟県燕市男女共同参画推進審議会 会長
  • 新潟県佐渡市第3次男女共同参画プラン策定アドバイザー
  • 新潟県阿賀野市第3次男女共同参画プラン策定アドバイザー
  • 新潟県、新潟県医師会等にて男女共同参画推進、ワーク・ライフ・バランス,働く女性の健康支援、不妊治療中・妊活中のカップルへの支援に関する講座や講演など多数

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから