■群馬県立県民健康科学大学 > トピックス > 診療放射線学部卒業研究2研究が論文誌に掲載されました
診療放射線学部卒業研究2研究が論文誌に掲載されました

平成28年度診療放射線学部卒業研究2研究の内容が日本放射線技術学会雑誌に掲載されました。あわせて、現学部4年生の学会発表が表彰されましたので報告いたします。

1,論文タイトル「MRI 検査における人工内耳インプラント磁石の減磁に影響する因子」

著者:

小金澤 匠
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部(現日本メジフィジックス株式会社事業部)

内山 奈央子
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部(現聖路加国際病院放射線科)

勅使河原 麻衣
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部(現前橋赤十字社放射線診療科部)

小倉 明夫
群馬県立県民健康科学大学・大学院

掲載誌:日本放射線技術学会雑誌73 巻 (2017) 12 号 p. 1216-1223

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrt/73/12/73_2017_JSRT_73.12.1216/_article/-char/ja/

内容の要約:MRI検査において、人工内耳を装着している患者は禁忌であったが、最近条件付きで検査が可能となっている。人工内耳を装着している場合の危険因子は、吸引による側頭骨の障害とインプラント内の磁石の減磁である。この研究では、MRI装置の磁場に対する患者頭部の角度によりインプラント内の磁石がどのようの減磁するかを詳細に調べたものであり、当該患者さんのMRI検査において、より安心安全な検査法を提示しています。

 

2,論文タイトル「デュアルエナジーCT におけるスペクトラルHU 曲線の最適関数の推定」

著者:

篠﨑 あい
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部(現圏央所沢病院放射線科)

林 則夫
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部

武田 久、宇梶 智人、柿沼 史江、小林 洋一

伊勢崎市民病院中央放射線科

福島 康宏
群馬大学医学部附属病院放射線部(現京都大学医学部附属病院放射線部)

小倉 明夫、小倉 敏裕
群馬県立県民健康科学大学診療放射線学部

対馬 義人
群馬大学大学院医学系研究科放射線診断核医学

掲載誌:日本放射線技術学会雑誌73 巻 (2017) 12 号 p. 1224-1230

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrt/73/12/73_2017_JSRT_73.12.1216/_article/-char/ja/

内容の要約:この研究の目的は、スペクトルHounsfield Unit(HU)曲線の回帰に最適な関数を明らかにすることです。最適化手順は、以下の5ステップで行いました。1)RMI 467ファントムのデュアルエネルギーCT(DECT)画像の取得、2)DECT画像から仮想単色画像の取得、3)ファントムから様々な物質のスペクトラルHU曲線の取得、4)線形、二次多項式、三次多項式、四次多項式、五次多項式、三次多項式、五次多項式、指数関数型補正指数関数を含む様々な関数へのスペクトルHU曲線の回帰、5)決定係数および赤池情報基準(AIC)を用いた回帰関数の評価。結果より、五次多項式関数がスペクトルHU曲線の回帰を解析するのに適していることを明らかにしました。 四次以上の多項式関数の決定係数は、他の関数の決定係数よりも有意に高くなりました(p <0.05)。 また5次多項式のAICの中央値は、すべての関数の中で最も低くなりました。これより、我々は五次多項式がスペクトルHU曲線の回帰に使用する最良の関数であると結論付けました。

 

3,学生発表の学会表彰について

2017年10月19日(木)~21日(土)に広島市で開催された第45回日本放射線技術学会秋季学術大会で、学部4年の藤生敦哉君が発表した「MR3次元収集画像の画像歪の新しい評価法」が「座長推薦優秀研究発表」として学会誌へ掲載されました。

 

 

 

 

2018年01月18日

page

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから