廣瀬規代美

HIROSE Kiyomi

所属

  • 大学院看護学研究科看護学専攻 / 看護学部看護学科

職名

  • 教授

担当科目

  • <大学院>
  • 看護学研究方法論Ⅱ(研究批評と研究成果の活用)
  • 実践看護学構築論Ⅱ(看護学の革新と看護研究)
  • 看護学演習(実践看護学展開論)
  • 特別研究
  • <看護学部>
  • 「人間の発達と健康」各論(終末期)
  • 生涯発達看護学各論Ⅳ(成人期)
  • 生涯発達看護学各論Ⅵ(実習)
  • 看護専門職の役割と機能Ⅱ-1(総合実習)
  • 看護学研究Ⅰ(問題解決過程)
  • 看護学研究II(EBP)
  • 保健医療チーム連携論Ⅰ
  • 保健医療チーム連携論II(実習)

専門分野

  • 生涯発達看護学(成人期)
  • がん看護学

研究課題

  • がん患者の回復期における支援に関する研究
  • 緩和ケアに関する研究
  • 生活習慣病に関する研究

主な論文・著書

  • 著書
    1. 廣瀬規代美,二渡玉江:老年期肺炎患者の関連図の書き方,NCブックス 関連図の書き方をマスターしよう 改訂・増補版,吉谷須磨子(監修),260-273,医学芸術社,東京,2004
    2. 中西陽子,廣瀬規代美:慢性腎不全患者の関連図の書き方,NCブックス 関連図の書き方をマスターしよう 改訂・増補版,吉谷須磨子(監修),158-171,医学芸術社,東京,2004
    3. 廣瀬規代美,林陸郎:高血圧,自分で書き込む病態関連ケアノート,二渡玉江,林陸郎,下村洋之助(編著),36-39,医歯薬出版,東京,2005
    4. 廣瀬規代美,長嶺竹明:肝硬変,自分で書き込む病態関連ケアノート,二渡玉江,林陸郎,下村洋之助(編著),69-73,医歯薬出版,東京,2005
    5. 廣瀬規代美:検査看護技術,神田清子,大西和子編,ヌーヴェルヒロカワ,2006
  • 学術論文
    1. 廣瀬規代美,藤野文代:喉頭摘出患者の喉頭摘出術の自己決定における看護援助,群馬大学保健学紀要,第24巻,23-30,2004
    2. 廣瀬規代美,二渡玉江:「がん患者を理解するための看護理論」ロイ適応モデルのがん看護実践への適用-老年期にある直腸がん事例を通して-,がん看護,9(4),351-355,2004
    3. 廣瀬規代美,中西陽子他:喉頭摘出患者のボディーイメージの受容プロセス-喉頭摘出術前~退院後1ヶ月の変化-,群馬県立医療短期大学紀要,第12巻,33-47,2005
    4. 廣瀬規代美:喉頭摘出を受けた喉頭・咽頭がん患者の食道発声獲得プロセス,日本看護研究学会雑誌,30(2),31-42,2007
    5. 二渡玉江,樋口友紀,中西陽子,廣瀬規代美他:がん手術治療に伴うリンパ浮腫ケアの現状に関する全国調査,北関東医学会誌,59(1),33-42,2009
    6. 二渡玉江,砂賀道子,中西陽子,廣瀬規代美,神田清子他:乳房温存術を受けた乳がん患者に関する看護研究の動向と課題,北関東医学会誌,60(1),17-23,2010
  • 学会発表
    1. K.Hirose,F.Fujino:Qualitative Research on the Process of Decision Making by Patients about Laryngectomy, 13th International Conference on Cancer Nursing, August 2004, Sydney, Australia.
    2. K.Hirose, Y.Nakanishi, T.Futawatari:Esophageal speech learning process in cancer patients who underwent laryngectomy,14th International Conference on Cancer Nursing,Toronto Canada,Sep,2006
    3. K.Hirose, Y.Nakanishi, T.Futawatari:A study on the three-year process of postoperative esophageal speech rehabilitation,2th International Conference Japanese Society of Cancer Nursing,Feb,2007,Tokyo Japan
    4. T.Futawatari, Y.Higuchi, K.Hirose, Y.Nakanishi,et al:Current Status of Care for Patients with Lymphedema Caused by Cancer Therapy, 15th The International Society of Cancer Nursing , Aug.2008,Singapore
    5. Y.Nakanishi,K.Hirose,M.Kobayashi,T.Futawatari:Nursing to support the psychological course of middle-aged widowers after nursing wives with terminal cancer-Analysis of two middle-aged widowers,16th International Society of Nurse in Cancer Care,March 2010,Atlanta
    6. 廣瀬規代美,中西陽子他:喉頭摘出者の看護の実態と看護支援におけるニーズ調査,第23回日本がん看護学会学術集会,2009年2月,宜野湾市
    7. 廣瀬規代美,中西陽子他:喉頭摘出者の看護支援の現状と今後の課題,第24回日本がん看護学会学術集会,2010年2月,静岡市
    8. 廣瀬規代美,中西陽子,二渡玉江:喉頭摘出者の告知後から退院後6か月の心理的変化,第25回日本がん看護学科器学術集会,2011年2月,神戸市

主な経歴

学歴
  • 2003年3月:群馬大学大学院医学系研究科修了.修士(保健学)
  • 2007年3月:群馬大学大学院医学系研究科博士後期課程修了.博士(保健学)
職歴
  • 1993年4月~2005年3月:群馬県立医療短期大学 助手
  • 2005年4月~2011年3月:群馬県立県民健康大学 講師
  • 2011年4月~現在:群馬県立県民健康科学大学 准教授
所属学会
  • 日本がん看護学会
  • 日本看護科学学会
  • 北関東医学会
  • 日本看護研究学会 等
地域における活動
  • 群馬がん看護研究会 教育担当理事

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから