高井ゆかり

Takai Yukari

所属

大学院看護学研究科看護学専攻/看護学部看護学科

職名

教授

担当科目

【看護学部】

  • 保健医療国際連携論
  • 看護技術学概論
  • 看護技術学各論Ⅰ(アセスメント技術)
  • 看護技術学各論Ⅱ(生活行動支援技術、生活機能維持促進技術)
  • 看護技術学各論Ⅲ(治療過程支援技術、症状緩和技術)
  • 看護技術学各論Ⅳ(心理的支援技術・教育的支援技術)
  • 看護技術学各論Ⅴ(看護過程と看護理論)
  • 看護技術学各論Ⅵ(実習)
  • 看護倫理学
  • 看護対象擁護論
  • 看護学研究Ⅱ(EBP)

【看護学研究科(博士前期課程)】

  • 実践看護学構築論Ⅰ(看護理論と看護実践)
  • 実践看護学構築論Ⅱ(看護学の革新と看護研究)
  • 看護学演習(実践看護学展開論)
  • 看護学研究方法論Ⅰ(研究過程と研究方法の理解)
  • 看護学研究方法論Ⅱ(研究批評と研究成果の活用)
  • 研究と倫理
  • 特別研究

【看護学研究科(博士後期課程)】

  • 実践看護学特論
  • 看護専門職の役割と責務
  • 特別研究Ⅱ

専門分野

看護技術学教育研究分野

研究課題

  • 疼痛に関する研究
  • 老年看護学に関する研究
  • 認知症高齢者とその家族に関する研究
  • 多様な場で展開されるケアの質向上に関する研究
  • 家族看護学に関する研究
  • 症状緩和技術に関する研究

主な論文・著書

査読付き原著論文

  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N. & Chiba I. The process of motivating oneself to resist being controlled by chronic pain: A qualitative study of Japanese older people living in the community, Pain Management Nursing, 18(1):42-49, 2017. DOI: 10.1016/j.pmn.2016.10.004.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Abe Y. & Suzuki, M. Literature review of pain management for people with chronic pain, Japan Journal of Nursing Science, 12 (3): 167–183, 2015.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Kawakami, S., Abe, Y., Kamiyama, M. & Saito, S. Differences between Nurses’ and Care workers’ Estimations of Pain Prevalence among Elderly Residents, Pain Management Nursing, 16 (1): 20-32, 2015.
  • Takai, Y., Abe, A., Torimoto-Sasai, Y., Okamoto, Y., Kamiyama, M. & Yamamoto-Mitani, N. Compliance of urinary continence care for Japanese residents on short-stay respite services, International Journal of Urological Nursing, 8(2):90-96, 2014.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., & Ko, A. Prevalence of and factors related to pain among elderly Japanese residents in long-term healthcare facilities, Geriatrics & Gerontology International, 14(2):481-9, 2014.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Ko, A., & Heilemann, M.V. Differences in pain measures by Mini-Mental State Examination scores of residents in aged care facilities: Examining the usability of the Abbey Pain Scale- Japanese version, Pain Management Nursing, 15(1): 236-245, 2014.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Chiba, Y., & Kato, A. Feasibility and clinical utility of the Japanese Version of the Abbey Pain Scale in Japanese aged care, Pain Management Nursing, 15(2): 439-448, 2014.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Fukahori, H., Kobayashi, S. & Chiba, Y., Nursing ward managers’ perceptions of pain prevalence at the aged-care facilities in Japan: A nationwide survey, Pain Management Nursing, 14(3) e59-e66, 2013.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Chiba, Y., Nishikawa, Y., Sugai, Y. & Hayashi, K. Prevalence of Pain among Residents in Japanese Nursing Homes: A Descriptive Study, Pain Management Nursing, 14(2): e1-e9, 2013.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Suzuki, M., Furuta Y., Sato, A. & Fujimaki, Y. Developing and validating a Japanese version of the Assessment of Pain in Elderly People with Communication Impairment, Archives of Gerontology and Geriatrics, 57(3), 403-410, 2013.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N, Okamoto, Y., Fukahori, H., Ko, A., & Tanaka, M. Family caregiver strategies to encourage older relatives with dementia to use social services, Journal of Advanced Nursing, 69(12):2675-85, 2013.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Okamoto, Y., Koyama, K., & Honda, A. Literature review of pain prevalence among older residents of nursing homes, Pain Management Nursing, 11(4):209-223, 2010.
  • Takai, Y., Yamamoto-Mitani, N., Chiba, Y., Nishikawa, Y., Hayashi, K., & Sugai, Y. Abbey Pain Scale: Development and validation of the Japanese version. Geriatrics & Gerontology International, 10(2): 145-153, 2010.
  • Takai, Y., & Uchida, Y., Frequency and type of chronic pain care approaches used for elderly residents and the factors influencing these approaches, Japan Journal of Nursing Science, 6(2):111-22, 2009.
  • Noguchi-Watanabe, M., Yamamoto-Mitani, N. & Takai, Y. How does collegial support increase retention of registered nurses in homecare nursing agencies? A qualitative study, BMC Nursing, In press
  • Yokoyama M., Suzuki M., Takai Y., Igarashi A., Noguchi-Watanabe M., & Yamamoto-Mitani N. Workplace bullying among nursing colleagues and their related factors: a cross-sectional survey. Journal of Clinical Nursing, In press
  • Sakai, S., Yamamoto-Mutani, N., Takai, Y., Fukahori, H. & Ogata, A.: Developing an instrument to self-evaluate the discharge planning of ward nurses, Nursing Open, 3 (1): 30–40, 2016
  • Igarashi, A., Yamamoto-Mitani, N., Gushiken, Y., Takai, Y., Tanaka, M., & Okamoto, Y. Prevalence and incidence of pressure ulcers in Japanese long-term-care hospitals, Archives of Gerontology and Geriatrics. 56(1):220-226, 2013.
  • Tanaka, M., Kawakami, A., Iwao, Y., Fukushima, T., Takai, Y. & Yamamoto-Mitani, N. The gap between flare-up recognition and judgment of need for physician visit in patients with ulcerative colitis, Gastroenterology Research, 6(2): 49-55, 2013.
  • Ko, A., Takasaki, K., Chiba Y., Fukahori H., Igarashi, A., Takai, Y. & Yamamoto-Mitani N. Aggression exhibited by older dementia clients toward staff in Japanese long-term care, J Elder Abuse Negl., 24(1):1-16, 2012.
  • Horinuki F, Noguchi-Watanabe M, Takai Y, Yamahana R, Ohno N, Okada S, Mori S & Yamamoto-Mitani N.: The Experience of Persons With Hematological Malignancy When Communicating With Health Care Professionals, Qualitative Health Research, 28(3): 479-490, 2018.
  • Saito S, Igarashi A, Noguchi-Watanabe M, Takai Y, Yamamoto-Mitani N. Work values and their association with burnout/work engagement among nurses in long-term care hospitals, Journal of Nursing Management, 1-10, 2018. DOI: 10.1111/jonm.1255
  • Hama T, Takai Y, Noguchi-Watanabe M, Yamahana R, Igarashi A, Yamamoto-Mitani N.Clinical Practice and Work-Related Burden among Second Career Nurses: A Cross-Sectional Survey, Journal of Clinical Nursing. 2019 May 7. doi: 10.1111/jocn.14906.
  • Yamamoto-Mitani N, Saito Y, Takaoka M, Takai Y. Igarashi A: Nurses’ and care workers’ perception of care quality in Japanese long-term care wards: A qualitative descriptive study, Global Qualitative Nursing Research, 5, 1-12, 2018
  • 星野直恵,巴山玉蓮,高井ゆかり,病棟に勤務する看護職者の「作業関連性腰痛」に関連する要因の検討,日本社会医学会「社会医学研究」, 37(1):35-44, 2020.
  • 須関沙織, 佐藤三由紀, 荻原才子, 大澤康子, 高井ゆかり: がん患者とその家族へ長期に関わる看護の実践 外科病棟での良い関わりに焦点をあてて, 日本看護学会論文集: 慢性期看護,49:35-38,2019
  • 倉林貴子, 高山由美, 狩野敦美, 飯塚由美子, 大海理香, 高井ゆかり, 大澤康子, 大橋香織:循環器病棟の新人看護師が看護業務を行ううえで、どのようなことに重点をおいているのかの探索,日本看護学会論文集:看護教育49:107-110, 2019
  • 鈴木みずえ,古田良江,高井ゆかり,佐藤文美,大城一,山本則子,金森雅夫,認知症高齢者における疼痛の有症率と疼痛が認知症の行動・心理症状(BPSD)に及ぼす影響,老年看護学, 19(1):25-33, 2014
  • 古田良江,鈴木みずえ,高井ゆかり,在宅高齢者の痛みと健康関連QOLの関連と痛み緩和対策の実態,日本早期認知症学会誌7(2):26-35, 2014
  • 鈴木 みずえ, 山本 則子, 高井ゆかり, 古田 良江, 鈴木 有希, 金森 雅夫: 認知症高齢者の痛みに関するアセスメントツールとケア介入, 日本早期認知症学会誌, 7(1): 53-58, 2014
  • 古田良江, 鈴木みずえ, 高井ゆかり, 在宅虚弱高齢者である二次予防事業参加者の疼痛有症率と疼痛の状況が健康関連QOLに及ぼす影響, 老年看護学, 18(2): 48-57, 2014.
  • 北田陽子,瀬山瑠加,高井ゆかり,武居明美,神田清子, 一般病棟に勤務する看護師の終末期がん患者の家族支援内容,THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL, 61(4) :489-498, 2011.
  • 高井ゆかり,相楽有美,定廣和香子,山澄直美,岩波浩美,原美弥子,榎悦子,杉森みど里, 諸外国の博士論文にみる安全管理研究の動向と内容の特徴-安全管理教育のための教育内容の検討-,群馬県立県民健康科学大学紀要,3:21-39,2008.
  • 山下暢子,定廣和香子,高井ゆかり,近藤誓子,大川美千代, 図書に見る看護技術の構造化の現状,群馬県立県民健康科学大学紀要,3:41-52,2008.
  • 相楽有美,岩波浩美,定廣和香子,山澄直美,高井ゆかり,榎悦子,杉森みど里, 医療事故に関連する用語の定義の現状と特徴-看護基礎教育課程における安全管理教育の充実に向けて-群馬県立県民健康科学大学紀要, 3:83-99, 2008.
  • 山下暢子,定廣和香子,金谷悦子,近藤誓子,高井ゆかり,大川美千代,村上みち子,佐々木かほる, わが国の看護技術に関する図書の現状-「看護技術」の概念規定に焦点をあてて-, 群馬県立県民健康科学大学紀要,1:73-85,2006.
  • 金谷悦子,村上みち子,山下暢子,近藤誓子,大川美千代,高井ゆかり,佐々木かほる, 看護基礎教育におけるアセスメント技術教育研究の動向-過去5年間のフィジカルアセスメント技術教育研究に焦点を当てて-, 群馬県立県民健康科学大学紀要,1:35-49,2006

図書

・鈴木 みずえ・高井 ゆかり 編:認知症の人の「痛み」をケアする―「痛み」が引き起こすBPSD・せん妄の予防、日本看護協会出版会、2018年6月発行

「認知症の人が痛みを感じることは少ない」「痛みを訴えても、それは認知症の症状の一部だ」と考えていると、やがてBPSD・せん妄につながってしまいます。本書では、その解決のために、看護師・医師・理学療法士などの多職種が共に考えて、認知症の人の「痛み」のケアを提唱します。「認知症だって痛いものは痛い!」という、心の叫びを聴き取るためにはどうすればいいのかを考える、認知症の人の「痛み」に焦点を当てた唯一の書です。

サイト

痛みの看護ネット http://pain-nursing.net/index.html

主な経歴

職歴

  • 平成22年~ 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 特任助教
  • 平成23年~ 群馬大学大学院保健学研究科 助教・講師
  • 平成25年~ 東京大学大学院医学系研究科 講師
  • 平成28年~ 現職

学歴

  • 平成20年 群馬大学大学院 博士前期課程修了 修士(保健学)
  • 平成22年 東京医科歯科大学大学院 博士後期課程修了 博士(看護学)

所属学会

  • 日本看護科学学会 代議員 国際活動推進委員会 和文誌編集委員会 和文誌専任査読委員
  • 日本老年看護学会 編集委員会委員 研究論文表彰選考委員
  • 日本看護技術学会
  • 日本慢性疼痛学会 評議員
  • 日本家族看護学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本がん看護学会
  • 日本運動器疼痛学会 代議員、教育委員会委員
  • International Association of the Study of Pain (IASP)-IASP SIG on Pain in Older Persons member

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから