Home > 群馬県立県民健康科学大学:教員紹介 > 看護学部 > 生涯発達看護学教育研究分野 > ○「生涯発達看護学教育研究分野-思春期・青年期」のページ

○「生涯発達看護学教育研究分野-思春期・青年期」のページ

【分野(領域)紹介】
生涯発達看護学教育研究分野 思春期・青年期領域は、これらの発達段階にある対象者のこころの健康問題の学習を通じて、主に精神看護学を担当する領域です。看護学部の講義では、「人間の発達と健康」概論(1年次)、「人間の発達と健康」各論Ⅲ(思春期・青年期:2年次)、生涯発達看護学各論Ⅲ(思春期・青年期:3年次)などの科目を担当しています。実習は「人間の発達と健康」各論(導入実習:1年次)、生涯発達看護学各論Ⅵの思春期・青年期フィールド(精神看護学実習:3年次)、看護専門職の役割と機能Ⅱ-1(総合実習:4年次)を担当しています。「人間の発達と健康」各論(導入実習)では、中学校や高等学校をフィールドとして実習を行い、思春期・青年期の対象への理解を深めます。また、生涯発達看護学各論Ⅵの思春期・青年期フィールドでは、精神科病院と地域活動支援センターにおいて実習を行っています。看護学研究Ⅱ(EBP:4年次)では、精神障害者の服薬アドヒアランス、セルフモニタリング、退院支援、精神障害者を抱える家族の障害受容などに関する幅広いテーマを取り上げて論文指導までを行っています。

生涯発達看護学各論Ⅲの授業風景
006

生涯発達看護学各論Ⅵ(実習)の実習風景
IMG_0643

総合実習風景
DSC_0014

【研究内容】
思春期・青年期領域では、精神看護学に関する分野の教育と研究に取り組んでいます。ストレス社会のなかで、さまざまな発達段階にある人々が心身ともにより健康に過ごせることを支援できる保健医療専門職の育成と研究を目指しています。また、ストレス対処、ストレスマネジメントの方法(リラクゼーションなど)、うつ病の予防、精神障害者の自己肯定感を高める支援、精神障害者を抱える家族の支援などについての教育・支援方法に関した研究に取り組んでいます。
また、これまで共同研究として精神科看護師の専門性に関する研究や職業アイデンティティに関する研究などにも取り組んでいます。
大学院修士課程においては、現在、2名の院生が実践看護学領域の精神看護学に関するテーマで研究に取り組んでいます。

page

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから