学生生活
奨学金について

本学では、在学生の多くが独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を利用しています。当該奨学金には貸与奨学金(第一種・無利子、第二種・有利子)と給付奨学金があります。
申込みにはそれぞれ成績と家計(年収・所得)の基準が設けられていますので、支援機構のホームページ等でご確認ください。

また、主に看護学部の学生向けに、病院等が貸与する奨学金の募集案内が全国から寄せられています。これらの奨学金は、当該病院での一定期間の勤務を条件として返済を免除するものが多いようですが、卒業後の進路を狭めることになりますので、よく考えた上でお申し込みください。

◆日本学生支援機構

日本学生支援機構ホームページ(http://www.jasso.go.jp/index.html)

1 貸与奨学金
返還が必要な奨学金です。無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金があります。

○定期採用
・募集時期:4月、9月
・採用人数:日本学生支援機構の学力基準、家計基準等の採用基準を満たしている場合に採用されます。

種別 第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子)
貸与期間 始期:4月

終期:卒業・修了予定年月まで
始期:希望する月(選択可能月は申込時期による)

終期:卒業・修了予定年月まで
貸与月額(学部) 自宅通学:2・3・4.5万円から選択

自宅外通学:2・3・4・5.1万円から選択
2~12万円(1万円単位)から選択
貸与月額(大学院) 5万円,8.8万円から選択 5・8・10・13・15万円から選択
貸与利率 利率見直し方式または利率固定方式から選択(いずれも年利3%上限)
○定期外採用
生計維持者の死亡、災害等により緊急に奨学金を受ける必要が生じたときは、随時募集を行っていますので、事務局に申し出てください。
・緊急採用:第一種奨学金
・応急採用:第二種奨学金

2 給付奨学金
返還が不要の奨学金です。世帯の所得金額に基づく区分と通学形態(自宅通学・自宅外通学)により、下表の金額(月額)が、毎月振り込まれます。
いずれの区分に該当するかは日本学生支援機構HP(給付奨学金)をご確認ください。
※給付奨学金を申請する場合、授業料減免とセットで申請する必要があります。

○定期採用
・募集時期:4月、9月
・採用人数:日本学生支援機構の学力基準、家計基準等の採用基準を満たしている場合に採用されます。
区分 自宅通学 自宅外通学
第Ⅰ区分 29,200円(33,000円) 66,700円
第Ⅱ区分 19,500円(22,200円) 44,500円
第Ⅲ区分 9,800円(11,100円) 22,300円
ア. 生活保護(扶助の種類を問いません)を受けている生計維持者と同居している人及びで自宅から通学する人及び児童養護施設等から通学する人等は、上表のカッコ内の金額となります。
イ. 「自宅通学」とは生計維持者(父母等)と同居している(またはこれに準ずる)状態のことをいいます。「自宅外通学」の月額を選択する場合、自宅外通学であることの証明書類の提出が必要です。

○定期外採用
生計維持者の死亡、災害等により緊急に奨学金を受ける必要が生じたときは、随時募集を行っていますので、事務局に申し出てください。

【令和4年度新入生向け】奨学金 進学届の手続方法について
入学前に日本学生支援機構の貸与奨学生候補者になっている方は、入学後速やかに掲示板等で受付期間を確認の上、事務局でパスワードを受け取り、インターネット入力により進学届を提出してください。

・事前準備
入学後の速やかな手続きのためには、高校等で配付された「大学等奨学生採用候補者決定通知」ほか書類一式を確認し、事前に準備を進めることが重要です。

決定通知(説明あり).pdf

・2022年度の進学届入力のスケジュール
進学届入力期限 奨学金振込日(大学院含む)
第1回 4月7日(木) 4月21日(木)
第2回 4月21日(木) 5月16日(月)
第3回 5月23日(月) 6月10日(金)
 

◆その他の奨学金
・各病院の奨学金
・市町村が実施する奨学金
・その他財団法人や民間企業等が運営する奨学金

 

奨学金に関する窓口:事務局学生図書係
電話 027-235-1332