【3/14開催】 平成30年度共同研究・若手研究発表会のご案内

 本学の教員が中心となって行う共同研究及び若手研究の成果を報告する場として、以下のとおり共同研究・若手研究発表会を開催します。今年度は看護学部から5演題、診療放射線学部から9演題の発表があり、口述とポスターによる充実した内容になっております。

 多くの関係機関の皆様のご参加をお待ちしております。ポスター

1.日時
  平成31年3月14日(木) 13時30分~16時30分

2.場所
  口演会場:多目的ホール / ポスター会場:第11演習室
  (群馬県立県民健康科学大学 西棟1階)

3.対象
  群馬県内で従事する保健医療関係職の方

4.プログラム
  こちらをご覧ください。

5.その他
  ・申込み不要ですので、直接会場へお越しください。
  ・お車でお越しの方は、来客用または学生駐車場をご利用ください。

【お問い合わせ】
〒371-0052 前橋市上沖町323-1
群馬県立県民健康科学大学 学生図書係
TEL:027-235-1211
FAX:027-235-2501

2019年02月15日
【12/22開催】平成30年度第3回公開講座を開催しました!

 平成30年12月22日(土)に、本学看護学部 講師 戸谷幸佳を講師とし、一般県民を対象にした公開講座「健康寿命を延ばす生活習慣-元気に暮らすコツと万が一の時の備え-」を開催しました。当日は、県内各地から60~70代を中心とする69名の方に御参加いただきました。

 要介護や要支援になる原因の1つとして「骨折・転倒」が挙げられ、日常生活の中で簡単に実践できる転倒予防対策や、転倒時のけが対策などが具体的に紹介されました。講座の後半では認知症を予防する生活習慣やリラックス法などが紹介され、たくさんの方が熱心に聴いていました。

【参加者の声】
◆身近な生活習慣について、わかりやすくお話しいただきました。健康で長生きしたいです。(70歳代以上)

◆わかりやすい説明で、転倒予防など参考になりました。(60歳代)

◆普段の生活の中ですくに実践できるものが多くあり、参考になりました。(50歳代)

◆よく眠るための習慣のお話しがあり、大変役に立ちました。(70歳代以上)

2019年02月14日
【2月2日、3日開催しました】がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン「関東がん専門医療人養成拠点事業」 平成30年度第2回医学物理学講習会

平成31年2月2日(土)〜3日(日)に、がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン「関東がん専門医療人養成拠点事業」平成平成30年度第2回医学物理学講習会として「PHITS講習会」を開催いたしました。
PHITSは任意の体系中における放射線の挙動を模擬する汎用的な放射線輸送計算コード(モンテカルロシミュレーションコード)で、原子力分野での放射線遮へい計算をはじめ、放射線治療、宇宙開発、原子核・高エネルギー物理実験などの分野で幅広く利用されています。

本講習会では、PHITSを使用するために必要となる基礎的な部分を実習形式で学んでいただきました。講師は日本原子力研究開発機構の橋本慎太郎先生にお願いし、2日間の実習を通してシミュレーションプログラムPHITSの基礎と応用を学びました。

国内の大学、研究機関、医療機関や企業から33名の参加をいただき、今後の研究や開発に生かされることが期待されます。非常に分かりやすい講義で基礎から応用までが学べ好評でした。



 

2019年02月08日
被災された志願者に対する入学試験料等免除の特例措置について

被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

群馬県立県民健康科学大学では、災害被災者の経済的負担を軽減し、受験生の進学機会の確保を図るため、平成31年度入学試験において、次のとおり入学試験料等を免除いたします。

 

【入学前の減免】

1.入学試験料

(1)免除の対象者

・出願期限末日から前1年の間に災害救助法が適用された地域で被災された志願者で、主たる学資負担者が死亡又は行方不明、失業された方並びに主たる学資負担者所有の居宅及び店舗等が罹災された方。

(2)免除基準と申請方法

  • 免除基準(入学試験料)
罹災の程度 入学試験料 提出書類
学資負担者の死亡・行方不明・失業 全額免除 ・「入学試験料免除申請書」及び事由を証する罹災証明書等の公的書類の写しを、入学願書に添付して送付してください。
全   壊 ・「入学試験料免除申請書」及び「罹災証明書」の写しを、入学願書に添付して送付してください。
半   壊
(様式)入学試験料免除申請書 様式はこちら(PDFファイル)

(3)免除について以下の事にご注意ください

・出願時に一度、入学試験料を納付してください。免除の決定を受けた方には、合否にかかわらず入学試験料を返還します。

・主たる学資負担者が罹災された方が対象となります。

・罹災証明にて主たる学資負担者所有の居宅と分からない場合、それを証明する書類(登記事項証明書など、コピー可)を添付してください。

・世帯主の名義のみ記載された罹災証明については受験者との関係を証明する書類(住民票など、コピー可)を添付してください。

※入学試験料の免除を希望される方は、必ず事前に下記問合せ先までご連絡いただいた後、申請書類を出願の際に提出してください。

ご不明点がございましたら、随時承りますので下記までご連絡ください。

【問合せ先】

群馬県立県民健康科学大学 事務局 教務係(027-235-1211)

 

2.入学金

 合格者には、次のとおり入学金を免除いたします。申請書類は入学手続書類に添付して提出してください。詳しくは、合格者に発送する入学手続き通知にて御案内します。

(1)免除の対象者

・入学手続期限末日から前1年の間に災害救助法が適用された地域で被災された合格者で、主たる学資負担者が死亡又は行方不明、失業された方並びに主たる学資負担者所有の居宅及び店舗等が罹災された方。

(2)免除基準と申請方法
  • 免除基準(入学料)
罹災の程度 入学料 提出書類
学資負担者の死亡・行方不明・失業 全額免除 ・「入学料減免申請書」及び事由を証する罹災証明書等の公的書類の写しを、入学手続書類に添付して送付してください。
全   壊 全額免除 ・「入学料減免申請書」及び「罹災証明書」の写しを、入学手続書類に添付して送付してください。
半   壊 半額免除
(3)免除について以下の事にご注意ください

・入学試験料の免除を申請した場合には、添付書類を省略できます。

・主たる学資負担者が罹災された方が対象となります。

・罹災証明にて主たる学資負担者所有の居宅と分からない場合、それを証明する書類(登記事項証明書など、コピー可)を添付してください。

・世帯主の名義のみ記載された罹災証明については受験者との関係を証明する書類(住民票など、コピー可)を添付してください。

・既に入学料を払い込んでいる場合は返還しますので、上記問合せ先に連絡してください。

 

【入学後の減免】

1.入学直後の授業料

 下記の災害で罹災された方は、次のとおり入学直後の授業料を免除します。

(1)免除の対象者

・平成30年7月豪雨

・平成30年9月北海道胆振地方中東部地震

上記激甚災害に指定され、災害救助法が適用された地域で被災された入学者で、主たる学資負担者が死亡又は行方不明、失業された方並びに主たる学資負担者所有の居宅及び店舗等が罹災された方。

(2)免除基準と申請方法
  • 免除基準(入学直後の授業料)
罹災の程度 授業料 提出書類
学資負担者の死亡・行方不明・失業 全額免除 ・「授業料減免申請書」及び事由を証する罹災証明書等の公的書類の写しを、提出してください。
全   壊 全額免除 ・「授業料減免申請書」及び「罹災証明書」の写しを、提出してください。
半   壊 半額免除
(3)免除について以下の事にご注意ください

・入学試験料又は入学料の減免を申請した場合には、添付書類を省略できます。

・主たる学資負担者が罹災された方が対象となります。

・罹災証明にて主たる学資負担者所有の居宅と分からない場合、それを証明する書類(登記事項証明書など、コピー可)を添付してください。

・世帯主の名義のみ記載された罹災証明については受験者との関係を証明する書類(住民票など、コピー可)を添付してください。

※授業料の減免申請書は、入学後に大学事務局窓口にてお渡しいたします。

2019年01月23日
【1/16開催】 第14回 健科大CT・MRI研究会の開催案内

群馬県立県民健康科学大学地域連携センターでは、群馬県下の病院施設で研究されている、あるいは研究を始めたいと思われている診療放射線技師をサポートする研究会を開催しています。

研究中の方、また興味のある方は、是非ご参加ください。
どのモダリティでも結構です。
論文作成、研究発表のお手伝いもします。

日時:平成31年1月16日(水) 19:00~21:00

場所:群馬県立県民健康科学大学 第11演習室(多目的ホールの前)

費用:無料

〈お問い合わせ〉
群馬県立県民健康科学大学 小倉明夫、林 則夫
TEL:027-235-1211(内線205、207)

チラシは第14回CT・MRI研究会開催案内

2019年01月09日
【12/22開催!!】第3回公開講座「健康寿命を延ばす生活習慣-元気に暮らすコツと万が一の時の備え-」

平成30年度第3回の公開講座は、本学看護学部の戸谷幸佳講師を講師に以下のとおり開催します。
お誘い合わせの上、是非ご参加ください!
※詳細は、こちらのリーフレットを御覧ください。申込み書としても利用できます。


健康寿命を延ばす生活習慣-元気に暮らすコツと万が一の時の備え-
「長生きするなら健康に暮らしたい!」
超高齢社会を迎えた日本では、健康寿命を延ばすことの重要性が唱えられています。この講座では、できるだけ元気に自分の力で暮らすための生活習慣について学びます。
また、認知症などにより自分や身近なひとに介護が必要になった場合にどうしたらよいか、いざという時の対応についてお知らせします。

1 日時    平成30年12月22日(土)13:30~15:10
(13:00~受付開始)

2 会場    本学多目的ホール(西棟1階)

3 講師およびテーマ
本学看護学部 講師 戸谷幸佳
「健康寿命を延ばす生活習慣-元気に暮らすコツと万が一の時の備え-」

4 受講料   無料

5 対象    一般県民(どなたでも参加できます)

6 定員    120人(先着順)

7 申込方法  ファクス・電話または以下の申込フォームで、
住所・氏名・電話番号等をお知らせください。
※申込者の個人情報は、この講座のみに使用します。

8 申込期限  平成30年12月21日(金)
※まだ席数に余裕がありますので御興味・御関心のある際には、
お誘い合わせの上ぜひご参加ください!!

9 その他
・駐車場は、「学生駐車場」をご利用ください。
・受講者の決定の連絡はいたしませんので、申し込まれた方は当日、直接会場へお越しください。
・申込多数により、受講いただけない場合のみ、ご連絡いたします。

【申し込み・問い合わせ先】
群馬県立県民健康科学大学 学生図書係
〒371-0052 前橋市上沖町323-1
電 話 027-235-1211
FAX 027-235-2501

【申込フォーム】※必要事項を入力し「送信」ボタンを押してください

お名前 (漢字)(必須)

おなまえ (かな)(必須)

お住まい(市町村名のみ)

電話番号(必須)

備考(講師へのご質問がありましたら、ぜひご記入ください)
  

2018年11月30日
【9/29開催】 平成30年度第2回公開講座を開催しました!

平成30年9月29日(土)に、群馬県健康福祉部食品・生活衛生課食品安全推進室長 萩原 美紀氏を講師にお招きし、「正しく知ってる? ~食品添加物と私たちの暮らし~」をテーマに第2回公開講座を開催しました。当日は、県内各地から中高生を含む幅広い世代の方々58名に御参加いただきました。

「食品添加物ってなあに?」、「どんな目的で使われているの?」といった基本的な内容を含め、○×カードを用いたウルトラクイズを取り入れながら、食品添加物の安全性についてわかりやすくお話ししていただきました。講座終了時には、参加された方からは、多くの質問が出されました。

 

【参加者の声】

◆添加物について不安があったが、説明を聞き、少し不安が無くなった。

◆わかっているようでわかっていないことを学べました。

◆普段口にする食品に使われている添加物のことがよくわかりました。とても参考になりました。これからも食品表示を注意して見ていきたいと思います。

※第3回は、12月22日(土)に「健康寿命を延ばす生活習慣  ~元気に暮らすコツと万が一の時の備え~」をテーマとして開催予定です。

2018年11月30日
【11/10開催しました】がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン「関東がん専門医療人養成拠点事業」 平成30年度第1回医学物理学講演会

平成30年11月10日(土)に、「小児がんの放射線治療技術、放射線治療技術に関する最近の話題」をテーマに平成30年度第1回医学物理学講演会を開催いたしました。国内の医療機関や企業で活躍されている医学物理士など4名の講師をお迎えして、小児がんの放射線治療技術や企業における放射線技術者の経験、サイバーナイフによる高精度放射線治療、法令改正への対応など、放射線治療技術に関する専門的な知識の習得や最近の話題について学んでいただく場となりました。県内外から69名の参加をいただき、最新の医療から法令改正まで幅広い内容が学べ好評でした。

2018年11月19日
平成30年度第2回医学物理学講習会(PHITS講習会)開催案内

本学は筑波大学を基幹校とするがん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン 関東がん専門医療人養成拠点事業関東がんプロ小児・AYA・希少がん専門医療人養成コースに参画しております。

このたび、がんプロフェッショナル養成プラン関東がん専門医療人養成拠点事業としてPHITSの出張講習会を開催することになりましたので、御案内いたします。
モンテカルロシミュレーションプログラム PHITSの基本的な使い方を学んでいただける内容となっておりますので、是非御参加ください。

◆開催概要

1 日時:平成31年2月2日(土)- 3日(日)

2 場所:群馬県立県民健康科学大学(前橋市上沖町323-1) 西棟第22講義室

3 講師:橋本慎太郎先生(日本原子力研究開発機構)

4 参加申込〆切:平成30年12月21日(金)

5 定員:30名(申込多数の場合は、群馬県立県民健康科学大学の関係者を優先した上で、先着順とさせていただきます。)

6 参加費:無料
* 講習会ではノートPCが必要となります. PCの条件等については、「申込に関する注意事項」に記載してありますので、必ず事前にお読みください。

7 内容:粒子・重イオン輸送計算コードPHITSの出張講習会

8 主催:群馬県立県民健康科学大学、がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン関東がん専門医療人養成拠点事業、日本原子力研究開発機構

9 共催:群馬放射線治療技術研究会

10 内容詳細

PHITSは任意の体系中における放射線の挙動を模擬する汎用的な放射線輸送計算コードです。原子力分野での放射線遮へい計算をはじめ、放射線治療、宇宙開発、原子核・高エネルギー物理実験などの分野で幅広く利用されています。
本講習会では、PHITSを使用するために必要となる基礎的な部分を実習形式で学んでいただける内容となっていますので、初心者の方はもちろん、これから本格的にPHITSを使おうと考えている方も是非御参加ください。

◆申込方法

講習会への参加には事前登録が必要です。本案内にある講習会の内容を御確認いただき、次のウェブページから申し込んでください。
https://phits.jaea.go.jp/contact/
(「カテゴリー」を「PHITS講習会の参加申し込み」と選択して必要事項を入力してください。御使用のウェブブラウザによっては警告メッセージが出る場合もありますが、そのままアクセスしてください。)
なお、上記の申込方法が御利用できない場合は、次の参加申込フォームを転記し必要事項を御記入の上、受付用メールアドレスまで電子メールをお送りください。
参加受付用メールアドレス: phits-tutorial@jaea.go.jp

 

—–PHITS講習会(群馬県立県民健康科学大学)参加申込フォーム—–
・氏名(フリガナ):
・所属機関 :
・役職・職位:
・E-mail :
* 日常的に確認するメールアドレスを御記入ください。
・PHITSユーザー登録: 新規 / 登録済み
* 登録済みの方はPHITSのバージョンも御記入ください。
例:3.02[出力ファイル(phits.out)をご覧ください。下二桁までお願いします。]
・懇親会(2月2日夜、実費)に 参加 / 不参加
——————————————————————・


◆問合せ先

・本講習会に関する問合せ先: phits-tutorial@jaea.go.jp
・PHITSに関する全般的な質問: phits-office@jaea.go.jp(PHITS事務局)
・PHITS事務局Webサイト:
http://phits.jaea.go.jp/index.html(PHITS公式ホームページ)
https://www.facebook.com/phitscommunity (ユーザーコミュニティサイト)

 

◆講習会プログラム(予定)

2月2日(土)
10:30 – 11:00 受付
11:00 – 11:15 PHITSのインストール
11:15 – 12:00 PHITSの概要説明
(昼休み)
13:00 – 14:30 基礎実習1-1(体系の作成方法)
14:30 – 15:30 基礎実習1-2(線源の設定方法)
15:30 – 18:00 基礎実習2(タリーの設定方法)

2月3日(日)
9:40 – 11:00 基礎実習3-1(輸送計算に関する設定)
11:00 – 12:00 基礎実習3-2(物理モデルの設定)
(昼休み)
13:00 – 14:30 総合実習(α線,β線,γ線,中性子線をとめるには?)
14:30 – 15:30 Para Viewを用いたタリー結果の3次元描画機能
15:30 – 16:00 質疑応答・まとめ

 

※ 申込に関する注意事項

・講習会に参加する方に対する旅費等の補助はありません。また、昼食や宿泊施設の手配は各自で行なってください
・2日(土)の夜に懇親会(実費を徴収します)を開催予定です。是非御参加ください。
・PHITSユーザー登録が新規の方は利用申込書の提出が必要となります。受付後又は申込締切後1週間を目処に、本件の連絡をしますので御注意ください。この期間のうちに、新規ユーザー登録に関する連絡が無い場合は、PHITS事務局(phits-office@jaea.go.jp)までお知らせください。
・ユーザー登録がお済みの方は、利用申込書の手続きは必要ありません。申込み後、参加受付メールをお送りしますので、御確認ください。
・ユーザー登録が済んでいるか不明な場合は、申込前にお名前と所属を御記載の上、講習会の問合せ先(phits-tutorial@jaea.go.jp)までお尋ねください。
・開催日時点での最新版のPHITSコードを参加者全員に配布し、こちらを講習会で使用いたします。
・講習会には以下の条件を満たすノートPCをお持ちください。
* OS: Windows (7以降)、Mac OS X (v10.6以降)。
* メモリ1GB(推奨は2GB)を搭載し、ハードディスクの空き容量が6GB以上あること。
* 管理者(Administrator)権限をもつアカウントでの使用ができること。
* 講習会で使用する資料が作成されているpdf形式とppt形式の電子ファイルを表示できるソフトウェアをインストールしていること。なお、講習会ではプロジェクタでの表示を基本として進めます。また、資料の印刷物は配布しませんので御注意ください(ウェブページで公開しているファイルをダウンロードし、各自で御用意ください)。
* 行番号が表示されるテキストエディタをインストールしていること(WindowsではTeraPadなど,Macではmi(ミ)など)
* Eps形式の電子ファイルを表示できるソフトをインストールしていること。(WindowsはGhostscriptとGSview[http://pages.cs.wisc.edu/~ghost/]をインストールしてください。Macについては、講習会当日に描画ソフトのインストールをご案内しますので、事前に御用意いただく必要はありません。)
* USBフラッシュメモリが使用できること。
*(重要)ParaViewをインストールしていること。(各OSに応じたインストーラーを[http://www.paraview.org/download/]からダウンロードしてください。)

 
※ その他

医学物理士認定機構の業績単位を取得可能です。(コードG1/G2, JBMP-2018-G-17)。
講習会の修了証およびプログラムの写しを添えて申請された参加者には、認定コードGの2単位が与えられます。


※ 世話人

佐々木浩二(群馬県立県民健康科学大学)

橋本慎太郎(日本原子力研究開発機構・申込受付)

2018年11月14日
「元気に“動こう・歩こう”プロジェクト」キックオフフォーラム ※終了しました

本日、「元気に”動こう・歩こう”プロジェクト」キックオフフォーラムを本学で開催します。
パネリストには狩野教授が登壇する他、本学の学生がぐんまちゃんダンスを披露します。
是非御参加ください!※当日参加可能です。

参加費は無料です。参加者にはオリジナルぐんまちゃんグッズ(オリジナルタオル、バッグ、クリアファイル、ボールペン等)をプレゼントします。

キックオフフォーラムチラシ(PDF)

<概要>
期日:9月30日(日)
時間:13時30分~16時00分(12時45分受付開始)
会場:本学(県立県民健康科学大学(前橋市上沖町323-1))
内容
・開会

・あいさつ
群馬県健康福祉部 部長 川原 武男
群馬県立県民健康科学大学 学長 高田 邦昭

・アトラクション
「元気に動こう!~ぐんまちゃんダンス~」
群馬県立県民健康科学大学 ダンスサークルN*R

・行政説明
「元気に“動こう・歩こう”プロジェクト」の概要について
群馬県健康福祉部保健予防課 健康増進主監 阿部 絹子

・基調講演
「健康寿命は元気に“動こう・歩こう”の実践から~健康づくりのための身体活動とは~」
講師 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授 北畠 義典 氏

・パネルディスカッション
①子育て世代からはじめる認知症や寝たきりにならないまちづくり
群馬県立県民健康科学大学 看護学部 教授 狩野 太郎 氏
②地域で仲間と続けるピンシャン!元気体操
前橋市長寿包括ケア課 副主幹(理学療法士) 北原 絹代 氏
前橋市桂萱地区介護予防サポーター
③楽しく安全に歩くためのコツ
(公財)群馬県スポーツ協会 健康スポーツ指導者協議会 副会長 河崎 和代 氏
座長 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授 北畠 義典 氏

2018年09月30日

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから