地域連携センター
看護学教員養成課程

群馬立県民健康科学大学では、平成24年度より「看護学教員養成課程」を開設し、看護学教育に必要な基礎的能力を兼ね備えた看護師養成教育機関の教員、もしくは臨床現場で教育的役割を担う教育担当者を育成しています。本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、大学看護学部の教育と連動して教育を提供しています。また、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
教育目的は、看護学教員としての責務を自覚し、科学的根拠に基づく実践(EBP)の実践能力を備えた学生の育成に向け、看護学教育の動向を視野に入れ、看護学教育に必要な知識・技術・態度を修得し、看護及び看護学とその教育の充実、発展、革新に向け推進する人材を育成することです。

概要
▶ 特色
本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、教育を展開しています。本課程の最大の特徴は、大学看護学部の看護基礎教育と連動している点にあります。看護学部がバックアップ体制を整え、大学の学習環境を最大限に活用して、実際の看護基礎教育の現実を身近に感じられるダイナミックな授業を展開しています。これにより、本課程生は、学習した知識と教育実践のつながりをもちながら、1年間学習することを通して、看護基礎教育・看護継続教育の実践に必要な能力を確実に修得しています。この能力は、看護学教育を目指す看護職者だけでなく、病院の実習指導者や院内教育担当者など、学生や後輩看護師教育に携わる看護職者にとって教育実践上の基盤になります。

▶ 養成課程のあゆみ
2012年 4月 群馬県立県民健康科学大学地域連携センターに開設される
2018年 4月 大学院看護学研究科博士前期課程「キャリア開発コース」開設に伴い、大学院への進学の道が開かれる(10単位を既修得単位として認定)

  • 本課程は、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
  • 本課程は、厚生労働省教育訓練給付金(一般教育訓練)講座の指定を受けています。
  • 「キャリア開発コース」
    大学や専門学校など看護基礎教育機関の看護学教員として必要な教育実践力、または、教育管理責任者として必要な組織運営力を担える人材の養成を目指すコースです。
2019年 公益財団法人大学基準協会による大学認証評価において、極めて高い評価を受けました。

入試情報
*2020年度の募集は終了致しました。


授業内容
▶ 授業科目と担当教員
前期を経て後期修了時まで、様々な科目の授業が並行して行われます。
※授業時間は、1限9:00~10:30、2限10:40~12:10、3限13:00~14:30、4限14:40~16:10、5限16:20~17:50です。
グループワークや課題の進捗状況により、授業時間外も学習に取り組む場合があります。

▶ カリキュラム・シラバス

▶ Webシラバス(外部システムへリンク)

学校生活

▶ 年間スケジュール
4月 入学式
7月 公開授業(講義)
10・11月 教育実習
2月 公開授業(演習)
3月 修了式
▶ 授業の様子
□看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ
看護学教育授業展開論Ⅱ(講義)では、講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業を参加観察します。その後、看護学の講義の特徴、授業設計とその展開について学習します。また、看護学教育課程論とこの科目の学習成果を基に、実際に講義の授業設計・模擬授業を行います。

    

□看護学教育授業展開論Ⅲ 演習 模擬授業
看護学教育授業展開論Ⅲ(演習)の講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業をその演習の前提となる講義も含めて参加観察します。その後、看護学演習における「教授=学習活動」の特徴、学生の主体的学習を促すための授業設計について学習します。また、この学習成果と教育実習での経験を基に、実際に技術演習の授業設計・模擬授業を行います。

 

在学生・修了生の声
▶ 在学生の声
  • 人生初めての他県での生活ですが、すぐに不安はなくなり、学ぶことの楽しさを感じ、充実した日々を過ごしています。授業は、アクティブラーニングが沢山取り入れられ、仲間と共に意見を交わし、学びを共有しています。
  • 私は臨床経験5年で看護学校の教員になることを決めました。始めは授業の内容について行けるか心配でしたが、自分のものの見方や考え方が変化していることを実感しています。修了後、学生に「教えてもらいたい」と思ってもらえるような教員になれることが目標です。
  • 私は臨床現場で働く看護師として人材育成に携わる中で、自分自身に教育の知識・技術不足していることに気づき、学びの必要性を感じ、入学を決めました。同じ志を持つ仲間と看護や教育について学ぶことは、大変なこともありますが、楽しいと感じる毎日です。
  • 私は看護を“伝える力”を身につけたくて入学しました。動機はシンプルですが、道のりはそう簡単ではないと気づきました。この教員養成課程のカリキュラムは、系統立っていて、学ぶ環境も整っています。
▶ 修了生の声
  • 私は、本課程での統合カリキュラムに基づき学習し、各科目が教育理念に基づく教育目標の達成に向かうという統合カリキュラムの緻密さに感銘を受けました。特に授業設計と展開に必要な知識・技術を学ぶ「看護学教育授業展開論」とカリキュラム編成の実際を学ぶ「看護学教育課程論」は連動していました。仮想の学校の一つの科目のシラバスを作成し、その中の一コマの授業を設計し、実際に展開する授業は、学習の順序性や科目間の繋がりが明確で、一貫性があり、それぞれの学習成果を統合させて理解を深めていくということが実感できました。このことから、教員個人の教授活動であっても、すべてがカリキュラムに繋がっていること、カリキュラムは学生を中心に置き、学習成果を確実にもたらすものでなければならないということが理解できました。現在、私は、自校のカリキュラム改正に携わっています。修了後一年が過ぎましたが、本課程での学びは、看護教員として勤務する上での心の拠りどころとなっています。今でも共に学んだかけがえのない仲間と支え合いながら、自己研鑽を続けています。(6期生:看護師養成教育機関の教員を継続している Iさん)
  • 私は看護学教員養成課程に進むまでの3年間、看護専門学校の教員として基礎看護教育に携わっていました。日々の学生との関わりは常に手探りで、自分はいったい何をすべき役割なのか、何をどこまで教えるべきなのかわからず、多くの悩みを抱えているときに本課程で学習する機会を得ました。看護学養成課程での授業は、講義だけでなくグループワーク演習が多くあり、自分が大切にしてきたことや考えていることを、言語化して相手に伝えることの難しさを知りました。また、自分と向き合い、未熟であることを実感するとともに、そこから自己の課題を見出し、改善点を探していく毎日でした。成人学習者として、学習の醍醐味を実感できる貴重な時間となりました。修了後1年が経過した今、看護の初学者である学生に何をわかってほしいのか、なぜそのことをわかる必要があるのか、看護の本質となるものを丁寧に考えながら授業づくりに奮闘しています。「片方の目は足元を、もう片方の目で先をみる」を心に留めて、一緒に学んだ仲間と支え合いながら、自分の役割を果たしていきたいと考えています。(5期生:看護師養成教育機関の教員を継続しているIさん)
  • 私は、実習指導者として、日々成長する学生の姿を見て“教える”ことのやりがいを感じ、いずれは教員を目指したいと思っていました。そんな時、看護学校で講義する機会を頂きました。初めての経験に戸惑うことばかりで、今まで看護師として培ってきた経験を、学生にどのように伝えればよいのかわからず、結局、手探り状態のまま講義は終了しました。この経験が、看護学教員養成課程に受験するきっかけとなりました。看護学教員養成課程に入り、12カ月間の講義や演習、実習を通して、沢山の事を学びました。入学前、私は、教員は授業をするということは理解していましたが、授業をするためには、十分な準備が必要であることがわかりました。入学後、その具体的方法を学習することにより、修了する頃には、以前講義をした時に“自分はどうすればよいのか”と感じた疑問を解決することができました。また、疑問を解決するだけではなく、養成課程の先生からの指導を受けながら、自分の考えた授業を看護学生の前で実際に実践することを通して、自信を持つこともできました。現在、私は教員2年目になります。学生の成長する姿、学生の笑顔に支えられて、養成課程で学んだ教員として必要な知識・技術・態度をもとに、“学生のために自分ができることは何か”私自身も教員として成長できるように、自問自答しながら、充実した日々を送っています。養成課程で学んだこと全てが、今の教員としての私の財産になっています。(5期生:病院の看護師から看護師養成教育機関の教員となったHさん)
  • 私は、看護学教員養成課程修了後、臨床の現場に戻り、院内研修の講師として、所属病院の看護職者に講義をしたり、併設の看護学校の非常勤講師として、学生に講義をしたりしています。また、部署内の教育では、院内研修の講師を初めて担当することになった後輩看護師の指導を行っています。その際、看護学教員養成課程で学習した授業設計の知識を活用しながら、学習内容を精選し、看護の原理・原則と臨床で生じる現象をうまく連関できるように思考錯誤しています。また、どのように伝えれば対象にとってわかりやすくなるのか、あらゆる手段を使って伝えるための努力をしています。さらに、現場で後輩看護師の指導をする際にも、現象の教材化を意識して、どこで、どのような現象を用いて指導をすると効果的かを考えリーダー業務をしながら、自分が1年間を通して感じた学ぶ楽しさを、学生や後輩に伝えられるように努力をしています。(3期生:病院の看護師を継続しているSさん)
  • 改めて「看護とは何か」「教育とは何か」を考えさせられた一年でした。まず、自分が理解した道筋で、自分が行ってきた看護を言語化して伝えることの難しさを感じました。また、実践の場で経験した現象を看護現象として教材化していくことの大切さを学ぶことができました。グループワークは、年齢も経験も異なるメンバー同士、お互いの考えを尊重し合いながら、進めていくことの大切さを感じました。仮想学校のカリキュラム編成のプロセスはとても貴重な体験でした。さらに、教育実習での経験を通して、自己の課題が明確となりました。最大の成果は、この看護学教員養成課程において看護学教育を学べたことであり、看護基礎教育に携わる教育者として、学生の貴重な時間に関わるための、誇りと自覚を得ることができたことです。(2期生:看護師養成教育機関の教員を継続しているkさん)
 

よくあるご質問

Q.非常勤の場合も、経験年数に含まれますか。
A.含まれます。下記の計算例を参考にして、合計5年以上の看護業務経験を確認してください。

計算例:非常勤として、1日6時間、週3日で1年間勤務した場合
6時間×3日×52週=936時間(年間)
8時間×5日×52週=2080時間(年間)
936時間÷2080時間=0.45年      経験年数は、0.45年となります。

Q.授業料の他に、費用はどの位かかりますか。
A.教科書・参考書代(約90, 000円)、交通費等がかかります。学習をするうえで、ノートパソコンは必須です。
また、研修に専念するため、12カ月間の生活費を見込んでください。

Q.アルバイトをしながらの受講は可能ですか。
A.アルバイトしながらの受講はかなり難しいです。研修を終了するには、勉学に専念する環境が必要です。

Q.パソコンの操作は、どの程度必要ですか。
A. Excel・PowerPoint・Wordの基本操作ができることが望ましいです。

 

・看護学教員養成課程パンフレット(PDF)