地域連携センター
看護学教員養成課程

群馬立県民健康科学大学では、平成24年度より「看護学教員養成課程」を開設し、看護学教育に必要な基礎的能力を兼ね備えた看護師養成教育機関の教員、もしくは臨床現場で教育的役割を担う教育担当者を育成しています。本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、大学看護学部の教育と連動して教育を提供しています。また、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
教育目的は、看護学教員としての責務を自覚し、科学的根拠に基づく実践(EBP)の実践能力を備えた学生の育成に向け、看護学教育の動向を視野に入れ、看護学教育に必要な知識・技術・態度を修得し、看護及び看護学とその教育の充実、発展、革新に向け推進する人材を育成することです。

サブビジュアル1  サブビジュアル2
概要
▶特色
本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、教育を展開しています。本課程の最大の特徴は、大学看護学部の看護基礎教育と連動している点にあります。看護学部がバックアップ体制を整え、大学の学習環境を最大限に活用して、実際の看護基礎教育の現実を身近に感じられるダイナミックな授業を展開しています。これにより、本課程生は、学習した知識と教育実践のつながりをもちながら、1年間学習することを通して、看護基礎教育・看護継続教育の実践に必要な能力を確実に修得しています。この能力は、看護学教育を目指す看護職者だけでなく、病院の実習指導者や院内教育担当者など、学生や後輩看護師教育に携わる看護職者にとって教育実践上の基盤になります。

▶養成課程のあゆみ
2012年 4月 群馬県立県民健康科学大学地域連携センターに開設される
2018年 4月 大学院看護学研究科博士前期課程「キャリア開発コース」開設に伴い、大学院への進学の道が開かれる(10単位を既修得単位として認定)
  • 本課程は、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
  • 本課程は、厚生労働省教育訓練給付金(一般教育訓練)講座の指定を受けています。
  • 「キャリア開発コース」
    大学や専門学校など看護基礎教育機関の看護学教員として必要な教育実践力、または、教育管理責任者として必要な組織運営力を担える人材の養成を目指すコースです。
2019年 公益財団法人大学基準協会による大学認証評価において、極めて高い評価を受けました。
授業の様子
▶看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ
看護学教育授業展開論Ⅱ(講義)では、講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業を参加観察します。その後、看護学の講義の特徴、授業設計とその展開について学習します。また、看護学教育課程論とこの科目の学習成果を基に、実際に講義の授業設計・模擬授業を行います。
看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ 看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ
看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ

▶看護学教育授業展開論Ⅲ 演習 模擬授業
看護学教育授業展開論Ⅲ(演習)の講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業をその演習の前提となる講義も含めて参加観察します。その後、看護学演習における「教授=学習活動」の特徴、学生の主体的学習を促すための授業設計について学習します。また、この学習成果と教育実習での経験を基に、実際に技術演習の授業設計・模擬授業を行います。

看護学教育授業展開論Ⅲ 看護学教育授業展開論Ⅲ
在学生・修了生の声
▶在学生の声
  • 看護専門学校で看護師の養成に携わるようになり、何かを誰かに教えることの難しさを日々感じていました。先輩教員の見よう見まねで学生と関わり、自分で勉強しながら授業を行い、「これでいいのだろうか」と不安がつきまといました。先輩教員が、看護学教員養成課程を修了してくると、学生との関わりや授業設計にも、何か自信を持って取り組んでいるように見えました。また、学校という組織に対して視野も広くなっていると感じました。私も自信を持って学生に授業ができるようになりたい、広い視野で学校という組織に関わりたいと思い、この看護学教員養成課程で学ぶことにしました。
    授業が開始され、自分自身の教育の捉え方や信念など、改めて考え学ぶ機会を得ました。また今までの自分がいかに看護学教育の基盤となる知識を持っていなかったか、ということも自覚することができました。自分の実力を知り、自分を見つめ直すことは、教育に携わるものとして貴重な経験だと思います。これから一つ一つ学習を重ね、根拠と自信を持って看護学教育に携わっていけるようになりたいと思っています。本学の看護学養成課程は、経験豊かな先生方から授業を受けることができ、授業の内容だけでなく、教授技術や配布資料なども含め、看護学教育について多くのことを学ぶことができます。また、同じような志を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら学習できる、とてもよい環境だと思います。(H・Kさん)
  • 病院の新人看護師の教育担当者や准看護学校の非常勤講師を担っています。教育を行う際に、何か問題を抱えると、なぜその問題が起きるのか、その問題解決に向け、自分自身がどう取り組めば良いのか分かりませんでした。それは自分に教育に関する知識、技術、態度が不足しているためではないかと思いました。教育的役割を担う以上、きちんと根拠を持って教育に携わりたいと思い、この看護学教員養成課程への入学を決めました。
    実際に授業を受けると、今まで自分が行っていた教育は教育とは言えない、という事がよくわかりました。この課程では、看護学教育に必要な教育とは、という概念から授業展開、カリキュラム編成、看護学研究などを幅広く学ぶことができます。どの科目も内容が濃く、学習はとても大変ですが、教育目標の達成へ向け、確実に成長していきたいです。そして、職場へ復帰した際に、自信を持って教育に携われるようになりたいと思います。(N・Sさん)
  • 准看護学科で専任教員として働き6年目となります。決して順風満帆ではなく、学生との関わりは常に「今の対応でよかったか」「私の授業は学生にとって学びとなっているだろうか」と自問自答する日々でした。経験だけを糧に日々を送り、自信の無い自分を見ないふりしてきたと思います。このままでは八方塞がりになると感じ、看護学教育とは、教育するとはどういう事なのかを学ぼうと決心しました。
    日々、途切れることなく講義やグループワークでの学びが展開されていき、「教員とは」「学生とは」「教育の目的とは」等、問われては考えています。毎日悩み考えることを繰り返していますが、少しずつ学びがつながる感覚があります。今までの人生でこんなにも言葉の表現や学習内容を根本的に理解する事に頭を使ったことはありません。しかし、同期の皆さんと励ましあいながら、問われたことに対して一緒に悩み考え、答えを導き出していく過程は、とても有意義であり心強く感じています。修了時、何かが変わり、何かを得ている自分自身の成長を目指し、学びを深める日々です。(Y・Yさん)
在校生
▶修了生の声
  • 私は、臨床の現場で働く中で、後輩や学生に対し、自分の指導方法に疑問を感じていました。この看護学教員養成課程を受講し、講義・演習・実習それぞれに特徴があり、その特徴を理解した上で授業設計していくこと、臨床の場で身につけてきた感覚や経験もふくめて言語化し、学生がイメージ出来るように授業設計していくことの大切さを学びました。本課程修了後、3年目となりますが、1年間を通して学んだことはいつも意識しながら授業設計するよう心がけています。学生一人一人が学習目標を達成する過程は違いますが、学生を信じ、目標が達成出来るよう支援していくと共に、自己研鑽を続けていきたいと思います。
    (7期生 看護師養成教育機関の教員を継続している Y・Sさん)
  • 「出来るか、出来ないかじゃない。やるか、やらないかだ。」看護学教員養成課程を修了して1年、幾度となくこの言葉を口にしました。昨年度は、コロナ禍であることから従来通りの授業展開ができず、無我夢中の1年でした。限りある資源の中でどのような授業が出来るのか。感染対策を行いながら学生に学習機会を保証し、目標達成への支援をするにはどのように授業を展開したらよいのか。日々模索していました。しかし、悩んだ時には看護学教員養成課程での学びや先生方の言葉を手掛かりに前に進んでいます。これからも信念を持って自らの役割を果たしていきたいと考えています。
    (8期生 看護師養成教育機関の教員を継続している I・Sさん)
講義最終日 修了式
よくあるご質問
Q.非常勤の場合も、経験年数に含まれますか。
A.含まれます。下記の計算例を参考にして、合計5年以上の看護業務経験を確認してください。

計算例:非常勤として、1日6時間、週3日で1年間勤務した場合
6時間×3日×52週=936時間(年間)
8時間×5日×52週=2080時間(年間)
936時間÷2080時間=0.45年      経験年数は、0.45年となります。

Q.授業料の他に、費用はどの位かかりますか。
A.教科書・参考書代(約90, 000円)、交通費等がかかります。学習をするうえで、ノートパソコンは必須です。
また、研修に専念するため、12カ月間の生活費を見込んでください。

Q.アルバイトをしながらの受講は可能ですか。
A.アルバイトしながらの受講はかなり難しいです。研修を終了するには、勉学に専念する環境が必要です。

Q.パソコンの操作は、どの程度必要ですか。
A. Excel・PowerPoint・Wordの基本操作ができることが望ましいです。