地域連携センター
看護学教員養成課程

群馬立県民健康科学大学では、平成24年度より「看護学教員養成課程」を開設し、看護学教育に必要な基礎的能力を兼ね備えた看護師養成教育機関の教員、もしくは臨床現場で教育的役割を担う教育担当者を育成しています。本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、大学看護学部の教育と連動して教育を提供しています。また、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
教育目的は、看護学教員としての責務を自覚し、科学的根拠に基づく実践(EBP)の実践能力を備えた学生の育成に向け、看護学教育の動向を視野に入れ、看護学教育に必要な知識・技術・態度を修得し、看護及び看護学とその教育の充実、発展、革新に向け推進する人材を育成することです。

概要
▶ 特色
本課程は、大学の教育理念に基づき独自の統合カリキュラムを編成し、教育を展開しています。本課程の最大の特徴は、大学看護学部の看護基礎教育と連動している点にあります。看護学部がバックアップ体制を整え、大学の学習環境を最大限に活用して、実際の看護基礎教育の現実を身近に感じられるダイナミックな授業を展開しています。これにより、本課程生は、学習した知識と教育実践のつながりをもちながら、1年間学習することを通して、看護基礎教育・看護継続教育の実践に必要な能力を確実に修得しています。この能力は、看護学教育を目指す看護職者だけでなく、病院の実習指導者や院内教育担当者など、学生や後輩看護師教育に携わる看護職者にとって教育実践上の基盤になります。

▶ 養成課程のあゆみ
2012年 4月 群馬県立県民健康科学大学地域連携センターに開設される
2018年 4月 大学院看護学研究科博士前期課程「キャリア開発コース」開設に伴い、大学院への進学の道が開かれる(10単位を既修得単位として認定)

  • 本課程は、厚生労働省による専任教員養成講習会の認定を受けています。
  • 本課程は、厚生労働省教育訓練給付金(一般教育訓練)講座の指定を受けています。
  • 「キャリア開発コース」
    大学や専門学校など看護基礎教育機関の看護学教員として必要な教育実践力、または、教育管理責任者として必要な組織運営力を担える人材の養成を目指すコースです。
2019年 公益財団法人大学基準協会による大学認証評価において、極めて高い評価を受けました。

入試情報
*2020年度の募集は終了致しました。


授業内容
▶ 担当科目と担当教員(PDF)
前期を経て後期修了時まで、様々な科目の授業が並行して行われます。
※授業時間は、1限9:00~10:30、2限10:40~12:10、3限13:00~14:30、4限14:40~16:10、5限16:20~17:50です。
グループワークや課題の進捗状況により、授業時間外も学習に取り組む場合があります。

▶ Webシラバス(外部システムへリンク)

学校生活

▶ 年間スケジュール
4月 入学式
7月 公開授業(講義)
10・11月 教育実習
2月 公開授業(演習)
3月 修了式
▶ 授業の様子
□看護教育学授業展開論Ⅰ・Ⅱ
看護学教育授業展開論Ⅱ(講義)では、講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業を参加観察します。その後、看護学の講義の特徴、授業設計とその展開について学習します。また、看護学教育課程論とこの科目の学習成果を基に、実際に講義の授業設計・模擬授業を行います。

    

□看護学教育授業展開論Ⅲ 演習 模擬授業
看護学教育授業展開論Ⅲ(演習)の講義を受けた後、看護学部学生に提供されている授業をその演習の前提となる講義も含めて参加観察します。その後、看護学演習における「教授=学習活動」の特徴、学生の主体的学習を促すための授業設計について学習します。また、この学習成果と教育実習での経験を基に、実際に技術演習の授業設計・模擬授業を行います。

 

在学生・修了生の声
▶ 在学生の声
  • 私は、岩手県内の病院で副看護師長として教育委員会に所属しており、看護職員への卒後教育や実習指導者として看護学生の基礎教育に関わる機会が多くありました。その中で、正しい教育が出来ているのか悩むこともありました。そのため、看護学教育を学びたいと思い、説明会や公開授業に参加し、この看護学教員養成課程に入学しました。群馬県立県民健康科学大学は、臨床における根拠に基づいた実践を大切にしている大学であり、信頼できる研究成果を基に授業展開や看護学教育の知識を学ぶことができます。また、看護学教育を学ぼうと集まった新しい仲間達から刺激を受け、切磋琢磨しながら成長できる環境だと感じ、日々学びを深めています。(小岩巧さん)
  • 私が教員養成課程に入学したのは、職場の上司から勧められたのがきっかけでした。私はもともと人に教えることが好きで、特に学生指導では学生と積極的に関わりを持ちました。しかし、私の指導は自己流のやり方だったため、常に自分の指導方法は合っているのだろうか、間違いないだろうかと疑問を抱いていました。そんな時、職場の上司の勧めで看護学教員養成課程の説明会に参加しました。そこで、卒業生の模擬授業を実際に受けて、大きな衝撃を受けました。授業内容もとても分かりやすいし、スライドも流れが見やすく、ここで学んだらこんなに上手に授業ができるようになるのかと感動し、入学することを決めました。1年という短い期間で、しかも今年は新型コロナウィルス感染症の影響により、慣れないインターネット環境での遠隔授業となり、そこから学びを得ることは簡単なことではありませんでした。しかし、対面での授業が開始となり、ひとつひとつを乗り越えている自分は、確実に成長できているのではないかと思います。“ 居るところを楽しむ” ということも学び、苦しいこともありますが、それを楽しみに変えて、これからも頑張っていきたいと思います。(野口千尋さん)
  • 私は、教員としての仕事を始めてから5年目にして、群馬県立県民健康科学大学看護学教員養成課程で学ぶ機会を得ました。私が勤務している看護学校は、本課程の修了生が多く、毎年卒業して学校に戻ってきた人は何かが違っていました。以前より堂々として、凛とし、大きく成長した印象を受けました。私は、その姿を羨ましく感じていました。修了生から、「自分は何をしたらいいのか分かるから、気持ちが楽になるよ。」という話を聞き、私には、その意味がわからずにいましたが、入学して学ぶうちに、その理由がわかってきました。まず、「学生とは何か」、「教員とは何か」、「教員は何をする者か」が明確になりました。そして、自分の問題点も明確になるので、これから何をしていけばよいか気づくことができます。「気づくことで、解決に向けて前進できる。自分が何をすればよいかがわかる。」ということは、こんなにも清々しい気持ちになるのだと感じています。授業は、教育の原点から看護学教育まで幅広い内容の講義を受け、グループワークにより、自分で問題点を見つけ、解決するという形で進められることが多いです。グループワークは、なかなか進まず時間がかかることもありますが、メンバー同士意見を出し合うことで、更に学びが深まっていくのを日々感じています。自分の学びを看護師の育成に活かし、その結果、患者さんに質の高い看護を提供できるようになることが、目指すべき私の目標だと感じています。(斉藤靜香さん)
▶ 修了生の声
  • 看護学教員養成課程を修了して3 年目になります。受講中に、「教員は、学生の目標達成に向けて支援する存在であること」と学び、教育現場に戻ったのですが、学生の前に立って、このことを何度も再確認しています。そしてこれは、私の信念にも大きく影響していて、私の発する言葉・態度にも影響するだろうと思っています。また、受講前の私は、自信がないまま学生の前に立っていました。今の私は、受講したことにより、看護学教員としての自分に自信を持ち、学生の支援ができていると実感しています。今後も、自己研鑽に励み、学生のため自分自身のために成長していけたらと思います。
    6期生 佐久総合病院看護専門学校 専任教員 坂本静さん
  • 私は臨床の現場で、新人看護師や学生に対して指導をしていました。その中で「分かりやすい指導」の難しさや、看護を伝える事、また技術を教える事の難しさを感じ、自らの指導方法や指導力に疑問を抱いていました。そのような中でこの課程で学習する機会を得ました。本課程では、講義や演習、実習を通して沢山のことを学びました。この1年間は自分の中の「看護」を見つめ直す時間にもなりました。自分の想いを言語化する、根拠を基に説明する、そんなグループワークを繰り返し、常に目的的・計画的な教育を実践できるようにと、看護学基礎教育について仲間と共に深め続けた充実の1年間でした。 現在、私は教員3年目になります。看護を学ぶことの楽しさを学生に伝えられるよう、日々研鑽の毎日で、あっという間の2 年間でしたが、養成課程で学んだこと全てが今の私の原動力であり、財産になっています。
    6期生 栃木県県南高等看護専門学院 西海敦子さん
  • 看護学教員養成課程を修了し、現在は臨床の看護師として実習指導者、後輩指導に携わって2 年目になります。後輩指導では、レディネスに合わせた指導を行えるように、教員養成課程で学んだ知識を、場面場面に合わせて活用しています。その際、指導が一方的にならないように、また、看護現象を教材化することを意識しながら行っています。実習指導では、学生が、円滑に実習ができるようなオリエンテーションを行ったり、教員とスタッフの調整を行いながら、人的・物的に学習環境を整えたりしています。私は、遠方からの受講だったため、初めての他県での生活に不安がありました。また、臨床経験5 年しかないため、始めは自信がなく自分の考えを言語化することができませんでした。しかし、信頼できる先生方のおかげで言葉の意味を理解し、言語化することができました。先生方、仲間と学んだ1 年間は人生の中で大きな財産であり、この学校を選んで学んで良かったと思っています。これからも、後輩看護師や学生、そして私自身のために、ベストをつくしていきたいです。
    7期生 独立行政法人国立病院機構弘前病院 三上杏奈さん
よくあるご質問

Q.非常勤の場合も、経験年数に含まれますか。
A.含まれます。下記の計算例を参考にして、合計5年以上の看護業務経験を確認してください。

計算例:非常勤として、1日6時間、週3日で1年間勤務した場合
6時間×3日×52週=936時間(年間)
8時間×5日×52週=2080時間(年間)
936時間÷2080時間=0.45年      経験年数は、0.45年となります。

Q.授業料の他に、費用はどの位かかりますか。
A.教科書・参考書代(約90, 000円)、交通費等がかかります。学習をするうえで、ノートパソコンは必須です。
また、研修に専念するため、12カ月間の生活費を見込んでください。

Q.アルバイトをしながらの受講は可能ですか。
A.アルバイトしながらの受講はかなり難しいです。研修を終了するには、勉学に専念する環境が必要です。

Q.パソコンの操作は、どの程度必要ですか。
A. Excel・PowerPoint・Wordの基本操作ができることが望ましいです。

 

2021年度 看護学教員養成課程パンフレット(PDF)