看護学研究科
研究科長メッセージ

看護学研究科長 巴山玉蓮(TOMOYAMA Gyokuren)

看護学研究科は、平成214月に修士課程(平成284月博士後期課程に改称)、平成284月には博士後期課程を開設いたしました。博士後期課程まで設置している看護系大学は、県内では本学含め2校のみです。

看護学研究科は、様々な地域で生活する人々の生涯にわたる健康水準の維持及び向上への貢献に向けた科学的根拠に基づく看護の実践を究極の目的とし、革新され続ける看護学及び看護教育学の充実、発展及び次の革新に向けた研究を推進します。これらの研究の成果を基にスタッフ・ディベロップメント(質の高い教育を展開できる看護職者の育成をいう。)及びファカルティ・ディベロップメント(質の高い教育研究を展開できる看護教員の育成をいう。)に向け継続的かつ自律的な学習を支援できる人材育成に努めております。

 

〇博士前期課程において育成する人材像

本研究科博士前期課程の修了生は、自らも看護職者としての発達を志向し、継続的・自律的に学習するとともに、将来的には、我が国の最高水準を誇る看護学・看護教育学の研究成果の産出と活用を実現し、看護職者の生涯に渡る職業的発達と人々の健康水準の維持・向上に貢献します。

〇博士後期課程において育成する人材像

本研究科博士後期課程の修了生は、看護職者の生涯にわたる職業的発達と人々の健康水準の維持・向上を目ざして、研究成果を産出し、国内のみならず世界にも発信し続けると同時に、産出した研究成果を看護学の教育・研究・実践が発展的に機能することに寄与します。