■群馬県立県民健康科学大学 > 大学院 > 看護学研究科 > 看護学研究科の教育の特色
看護学研究科
看護学研究科の教育の特色

看護学研究科博士前期課程

我が国の看護系大学院で初めて、院内教育をコーディネートできる看護職者、つまりスタッフ・ディベロップメント(SD)を担える人材や、大学や専門学校など看護職養成機関の看護学教員のファカルティ・ディベロップメント(FD)を支援できる人材の養成を目指した「看護教育学領域」を設置しています。

また、看護学研究者の育成に加え、大学や専門学校など看護職養成機関の看護学教員に必要な教育実践力、または教育や看護管理責任者に必要な組織運営力を備えた人材の養成を目指す『キャリア開発コース』を設置している点も大きな特色です。

〇看護学研究科には、実践看護学と看護教育学の2領域があります。

〇各領域に『リサーチコース』と『キャリア開発コース』を置いています。

〇より質の高い看護を提供するための教育及び研究を展開します。

〇看護学教員の教育能力を養うための教育及び研究を展開します。

〇院内教育を企画し実践できる能力を養う教育及び研究を展開します。

 

看護学研究科博士後期課程

看護の機能の発揮に必要な能力・質の高い教育の提供に必要な能力・研究遂行に必要な能力の修得に関わる専門科目を設定し、これらの履修により得られた学修成果が「特別研究」に統合され、段階的に能力を獲得できるカリキュラムを編成している点が大きな特色です。

〇多職種と協働して組織運営に参画し、管理的機能を発揮するための教育及び研究を展開します。

〇高等教育としての看護教育に精通し、専門的知識・技術と指導力を駆使して質の高い教育を実践するための教育及び研究を提供します。

〇臨床現場に存在する多様かつ複雑な問題の解明とその成果の適用を通し、組織内の研究活動を推進するための教育及び研究を展開します。