看護学研究科
在学生の紹介

博士前期課程

「実践に役立つ知見の産出を目指して」
看護学研究科 看護学専攻 実践看護学領域|飯塚 瑞季さん
 私は学部在学中の講義や実習を通して、地域で活躍する保健師の活動に関心をもちました。中でも乳幼児虐待予防における保健師の支援に興味を持ち、さらに学びを深めたいと強く思ったことから、本学の看護学部卒業後ストレートで大学院へ進学することを決めました。現在は学業に専念し、専門的知識の修得および研究に取り組んでいます。
 入学直後は自分がついていけるのかと不安ばかりでしたが、指導教員の先生方の手厚いご指導により順調に学修することができています。大学院で学修する方々は経験豊富で、学業に専念している方や臨床の看護師、保健師、教員など背景もさまざまです。そのため、授業におけるディスカッションは、自分にはない新たな視点や考えを知ることのできる貴重な時間となっています。また、普段の会話からも得られるものは多く、学術的交流の楽しさを感じながら充実した日々を過ごしています。
 今後は研究によって、乳幼児虐待予防に向け、保健師が支援の必要な親子を判断するためのアセスメントの視点を明らかにしたいと考えています。これにより、潜在する虐待のリスク要因や支援の必要な親子の見落としを防ぎ、乳幼児虐待予防に寄与したいです。実践に役立つ知見を産出することで、保健師の活動に貢献できたら嬉しく思います。また継続的に学修し、地域で生活するすべての親子が健康で安心して生活するために保健師としてできること、必要な支援を模索していきたいと考えています。

博士後期課程

「研究成果の普及を目指して」
看護学研究科 看護学専攻 機能発展看護学領域|塩澤 麻子さん
 私は看護学部を卒業後、助産専攻へ進学し、産婦人科病棟に勤務していました。病院勤務の中で、助産師が自律して妊婦健診を行う助産師外来に携わり、助産師の専門性・自律性を発揮していくことの難しさを感じていました。また、同時にそれらを発揮する場である助産師外来に魅力を感じ、助産師の実践を明文化したいという思いから本学の博士前期課程に進学を決め、妊婦を対象に助産師外来受診後に生じる気持ちを研究しました。指導教員の先生をはじめ知識や経験が豊富である様々な分野の先生方に丁寧にご指導いただきました。
 研究の初学者として、研究方法論、政策管理論、看護倫理など多くの知識に触れ、自己の知見を広げることができました。また、大学院で得た知見は、臨床現場において仕事を遂行する上で大いに役立つと共に、私の助産師としての意欲と探求心を高めてくれました。その後、研究成果を実践する中で、「どうすればこの考えが普及するのか」「臨床助産師に求められる教育はあるのか」など新たな疑問が湧きあがり、自立的に研究しその成果を看護職者に普及できる人を目指すべく、博士後期課程に進学を決めました。
 研究を進める上では、国外の論文精読が必須となるため、日頃から英語論文に触れるよう努めております。在職しながらの学修は厳しい道のりですが、本学の大学院という素晴らしい研究機関で学ぶことは、必ず自分を成長させ、自身の目標に近づき実践できるような看護職者になれると考え、邁進していきたいと思っています。