教育
修士論文(大学院)

看護学研究科

実践看護学領域

平成28年度
・入浴が健常高齢者の脳血流を主とした血行動態に及ぼす影響

・小児への訪問看護実践における環境調整に関する研究

・急性期病院における中堅看護師の看護実践能力の自己評価と個人要因および職務満足との関連
平成27年度
・統合失調症患者の家族が認識しているケアの継続に対する支え

・高齢者の閉じこもりに対する家族の認識の構造

・緩和ケア病棟入院中の終末期がん患者の家族が在宅療養移行に向き合うプロセス

・子育て期にある女性看護職員の職場定着意図に関連する要因

・統合失調症患者が地域生活において対処できない問題とその対処に向けた訪問看護師の支援
平成26年度
・緩和ケア病棟を選択した終末期がん患者の家族が体験するスピリチュアリティ
平成25年度
・患者から暴力を受けた精神科看護師の感情に関する研究                          -暴力を受けた直後と現在の感情および介在した要因-

・助産外来継続受診により生じる妊婦の気持ち
平成24年度
・訪問看護ステーションにおける安定的な経営管理のための自己評価尺度の開発

・虚血性心疾患をもつ高齢患者が慢性期に自己管理する上で生じる問題

・特定保健指導における保健師の能力を構成する要素 -面接による支援に焦点をあてて-
平成23年度
・特定保健指導の利用行動に関する研究 -未利用の理由を構成する要素に焦点をあてて-

・福祉分野に配属された保健師が抱えるジレンマを構成する要素                        -精神障害者の個別援助活動に焦点をあてて-

看護教育学領域

平成28年度
・新人看護学教員が役割遂行上直面する問題の解明

・看護師が知覚する看護実践の向上につながった先輩看護師の指導
-病院に就業する臨床経験年数6年未満の看護師に焦点をあてて-
平成27年度
・看護系大学・短期大学に所属する助手の学習ニードに関する研究

・実習指導者が病棟看護師と協働して実習目標達成を支援するための実践
平成26年度
・実習指導者からの支援を獲得するために看護学教員が実践している教授活動

・看護単位の教育担当者が役割遂行上直面する問題の解明                          -問題解決に向けた示唆の検討を目ざして-

・看護学実習における学生の自己評価支援に関する研究 -教員の行動に焦点を当てて-

・学生の学習への主体性促進を意図した看護学教員の教授活動
平成25年度
・社会人経験をもつ新人看護師の職業経験に関する研究

・2年課程看護専門学校教員の看護学教員としての望ましい状態に関する研究
-現状及び関係する教員の特性に焦点を当てて-
平成24年度
・看護師の協働による一貫した看護過程展開に関する研究 -病棟看護師に焦点を当てて-

・救急看護認定看護師が行う「看護実践を通した指導」に関する研究                     -看護師の知覚に焦点をあてて-

・看護学教員による実習記録へのフィードバックに関する研究
-学生が学習活動の促進につながったと知覚する記述内容に焦点を当てて-

・カンファレンスを運営するチームリーダーの行動に関する研究

・看護師長がスタッフ看護師への個別指導上直面する問題の解明
平成23年度
・2年課程看護専門学校学生の学習経験に関する研究

・看護専門学校教員の講義準備に関する研究                                  -臨床経験と専門性の異なる領域の講義を担う教員を対象として-

・教員による2年課程看護専門学校学生のレディネスの把握に関する研究
-看護学実習における教授活動に焦点を当てて-
平成22年度 
・病院の副看護部長が役割遂行上直面する問題に関する研究

・看護師のアセスメントに関する研究 -ICUにおける実践に焦点を当てて-

・病院に就業する看護職者の自己学習に関する研究 -学習過程の自己評価視点の明確化-

・看護専門学校の教務主任が役割遂行上直面する問題の解明

 

診療放射線学研究科

放射線画像検査学分野

平成28年度
・cDWIにおいて算出に用いるb値がSNRに与える影響

・Dual Energy Computed Tomographyを用いた胃がんリンパ節転移の定量評価
平成27年度
・歯科領域におけるモーションセンサを使用した画像操作システムの開発

・3D MRIを用いた棘上筋の体積計測精度の評価
Muscle volume measurement obtained from 3D MRI sequence

・非線形変換画像加算法による呼吸同期TOF-PET/CTの有用性
Usefulness of respiratory gating TOF-PET/CT Protocol on image integration of nonlinear conversion method
 平成25年度
・全乳房切除術検体を用いたディジタルマンモグラフィシステム間の病変描出能の比較
Comparison of lesion depiction performance of digital mammography  between systems using all breast mastectomy specimen.
平成24年度
・胸部トモシンセシス撮影の適正撮影条件決定と被ばく線量低減の検討
Examination of the optimal rediography condition decision and radiation exposure dose of radioactivity reduction of the chest Tomosynthesis.
平成23年度
・脂肪蓄積状況調査のためのソフトウェアの開発
Development of an automated body fat segmentation program for investigation of body fat distribution

・T2mapping の頭部領域への応用-基礎的検討-
A Basic Study to Apply T2 mapping to Brain Using Experimental Phantom
平成22年度
・CTデータを用いた各種がんと内臓脂肪の関係調査(癌検出のための脂肪評価)に関する研究
Assessment of Visceral Fat in patients with various Cancers Using X-ray Computed Tomography images

・脳梗塞超急性期MRI画像におけるコンピュータ支援診断システムの開発に関する基礎的研究
Fundamental Study on Development of Computer-aided Diagnosis Scheme in Magnetic Resonance Images with Hyperacute Ischemic Stroke

放射線治療学分野

平成26年度
・放射線治療におけるくさび照射野のモニタ単位数の独立検証
Independent verification of the monitor units of the wedge field in radiation therapy

・照射媒質中の不均質物質の影響に関する治療計画システム計算線量と実測線量の比較検討
Comparison of calculated dose using TPS and measured dose for irradiated medium including inhomogeneity element
平成25年度
・高周波カテーテルアブレーションにおける入射皮膚線量評価法の検討
~面積線量計による照射野重複の評価~
A Study of Entrance Skin Dose of the evaluation method in radiofrequency catheter ablation          ~Evaluation of overlap of radiation field using an Area Exposure Product Meter~
平成24年度
・デジタル画像検査における再撮影低減に有効な要因に関する研究
-放射線撮影に関するマネジメント要因と因子の調査・解析-
The study on factor that is effective for the reduction of the retake in the examination for digital X-rays image
-An investigation and the analysis of a management factor about the radiation photography-

・マンモグラフィ領域における蛍光ガラス線量計の特性とEGS5による光子挙動推定 -RPL読取方向依存性について-Characteristics of the radiophoto luminescence glass dosimeter at the mammography X-ray Energies and photon behavior by Monte Carlo calculation code EGS5  -Directional dependence of RPL reading-
平成22年度
・高エネルギーX線治療におけるモニタ単位数(MU値)の算出に関わる因子の研究
Monitor unit calculation method and factors involved in the method for high-energy photon beams therapy

教育・研究

  • 資料請求:大学案内をWEB上でご覧になれます
  • 資料請求:その他資料請求はコチラから

お問い合せ電話番号:027-235-1211 群馬県立県民健康科学大学 住所:〒371-0052 群馬県前橋市上沖町323-1

ご相談、資料請求等お気軽にお問い合せ下さい。ネットからのお問い合せは下記からお願いします。
詳しくはこちらから