公正な研究活動の推進と公的研究費の適正管理
研究倫理・コンプライアンス教育

研究倫理及び公的研究費の適正管理に関する知識を定着・更新させることで、不正行為を事前に防ぎ、公正かつ適切な研究活動の実施を推進いたします。

研究倫理教育

「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)では、公的研究費による研究活動に関わる者を対象に、定期的に研究倫理教育を実施することが義務づけられています。本学では、所属する研究者等を対象に、研修会や教育教材等を提供し、不正行為の防止や研究倫理に関する知識向上に努めています。
学内研修会・教材のご案内
公的研究費を扱う(応募中含む)本学所属の研究者は、以下(1)または(2)により必ず受講し研究倫理教育受講確認書」を提出してください。※提出先:事務局学生図書係 担当者

(1) 令和2年度研究倫理に関する研修会
今年度の研修会は対面での開催は中止とし、各個人によるウエブ上「eL CoRE(研究倫理eラーニングコース)」での実施となります。
令和3年度に科研費等公的研究費を受領中、新規応募中の研究代表者及び分担者は必ず受講してください。アカウントは、事務局学生図書係で発行手続を行います。

コンプライアンス教育

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)では、不正防止対策として、大学にコンプライアンス(法令遵守)教育の実施を義務づけています。本学では、不正防止計画に基づき、公的研究費の執行・管理に関わる全ての教職員等を対象に、定期的に説明会等を開催しています。
学内研修会・教材のご案内
公的研究費を扱う(応募中含む)本学所属の研究者は、以下(1)によりコンプライアンス教育を受講し、「誓約書」を提出してください。 ※提出先:事務局学生図書係 担当者

(1) コンプライアンス研修会
※毎年度9月に開催予定
※当該年度に新規応募予定の方は、必ず参加してください。

(2) コンプライアンス教育用コンテンツ(文部科学省作成)
やむを得ない事由により上記(1)の研修会に参加できない場合は、各自動画を視聴した上で、「誓約書」を提出してください。