看護学部看護学科
卒業生の活躍

「卒業後の今でも健科大での人間関係が支えになっています。」
群馬県立心臓血管センター勤務 看護師 | 金子 知可さん
私は、整形外科・外科・循環器科の疾患を持つ患者様が入院している混合病棟に勤務しています。優しい同期と先輩に恵まれ、日々助けられながら仕事に取り組んでいます。

健科大では少人数での実習・演習が多く、多様な価値観・経験を持った先生や友人との交流があります。実習ではグループごとに先生が指導についてくれるため、疑問や不安を相談しやすく、安心して学習することができました。看護師は責任ある仕事で大変だと思うこともありますが、同じ悩みを持つ友人と、卒業後も気軽に相談できる先生がいることに支えられ、現在も働くことができていると思います。
「今の自分があるのは健科大のお陰です。」
群馬県立精神医療センター勤務 看護師| 萩原 由伎さん
私は救急治療病棟で勤務しています。受持ち患者さんが笑顔で退院できたことがとても印象に残っており、看護師の関わりも治療の一環になる精神科看護の魅力を感じながら働いています。

健科大は臨床経験豊富な教授陣による少人数教育が魅力です。実習や演習では不安なことが多いですが、その都度先生に相談や指導を請うことができたため、手厚い教育体制が整っています。また、学年や学部の垣根を越えた交友関係を築くことができ、祭りで御輿を担いだりサークルでキャンプに行ったりと貴重な経験もできました。看護の学習に加えて人としても豊かになることができる大学であり、今の自分があるのは健科大のお陰であると感謝しています。