診療放射線学部診療放射線学科
卒業生の活躍

「健科大でしか得られないもの。」
桐生厚生総合病院勤務 診療放射線技師 | 藤生 敦哉さん
私は桐生の地域医療の中核を担う桐生厚生総合病院に勤務しています。
診療放射線技師は医療の他にも画像処理や、被ばく管理など様々な知識が要求されますが、大学で得た技術と知識を基に地元である桐生市の医療に貢献することができ、やりがいを強く感じています。

学生時代は国家試験勉強だけではなく、実験や学会への参加も積極的にバックアップしてくれる環境であったため、ヨーロッパの学会に参加することや、国内の学会に参加して学術発表を行うことなどができました。
少人数制のため、様々な行事などでは学年、学部関係なく大学全体で一丸となって取り組むことができました。

また、全国的に著名な先生方とも密接な関係を築くことができました。
卒業した後でも、頼りになり、支えてくれる先生方や仲間と出会えた大学での時間は貴重な財産となっています。

「素晴らしい仲間、先生方と出会える健科大。」
群馬大学医学部附属病院勤務 診療放射線技師 | 横山 絢香さん
放射線技師の仕事には様々な分野があるため、それだけ多くの知識や技術が必要な職業です。不安もありましたが、学部の仲間と勉強したことや、今でもご指導くださる先生方がいるおかげで、現在はやりがいを感じながら働くことができています。

学生時代は学業だけではなく、遊びの面でも充実していました。
サークルで学部を超えた仲間とスポーツをしたり、学校行事に一丸となって取り組んだりと楽しい思い出も多く、たくさんの友人ができました。今でも時々会って遊んだり相談できる大学時代の友人は、強い支えとなっています。

健科大は人数が少ない分人と人との関わりが強く、卒業しても支えてくれる先生方やお互いを高めあえる仲間と出会える素晴らしい環境です。そのような環境に身を置けたことは非常に価値のあることだと感じています。